Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ハイ・クライムズ
    HIGHT CRIMES *ハイ・クライムズ*
    2002年/米
    監督 :カール・フランクリン
    CAST:アシュレー・ジャド、モーガン・フリーマン、
        ジム・カヴィーセル

    <STORY>
    華々しく活躍している刑事弁護士クレアと、建設会社を経営している夫トムは、平和な結婚生活で、幸福の絶頂にあった。しかしある日二人が町で買い物を楽しんでいると、突然FBIの捜査官たちがトムを逮捕する。
    二人の家に強盗が侵入した際、犯人のものと一緒に採取されたトムの指紋が、1988年、エル・サルバドルで一般市民9人を殺害し、12年間も逃亡を続けていた海兵隊の特殊工作員、ロナルド・チャップマンのものと一致したためだった。愛する夫の過去を知ってショックを受けながらも、冤罪を晴らすためクレアは奔走する。
    <感想> 評価 ★3.5
    よくあるSTORYで、話も途中2転3転するが、想像がつく範囲で、イマ一歩と言う感じが否めない。
    しかし、最後のオチは想像範囲内とは言え、(そう来るか?)とも思ったし、アシュレー・ジャドは頭のキレる気の強い、それでいてチャーミングな女性を好演。
    なんと言ってもモーガン・フリーマン!カレが登場するだけで、映画の質が一気にあがるように思う。
    法廷劇とは言え、軍の特殊性が出ていておもしろかったが、
    ただ1つ、夫の勝訴が決まった時は(こんな簡単でいいの?)と拍子抜けしたのが残念。
    でも見る価値はある作品。
    0
      posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
      ハイ・フィディリティ

      HIGHT FIDELITY *ハイ・フィディリティ*
      2002年/米
      監督 :スティーブン・フリアーズ
      CAST:ジョン・キューザック、イーベル・ヤイレ、
          ジャック・ブラック、トッド・ルイーゾ
          キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ティム・ロビンス

      <STORY>
      シカゴで中古レコード店を営むロブは、30代の音楽オタク。
      店のバイトに音楽オタクのバリー(ジャック・ブラック)と内気でとろいディック(トッド・ルイーゾ)を雇っている。
      貧乏で気楽な商売を続ける毎日。
      ところが同棲中の恋人ローラ(イーベツ・ヤイレ)が理由も告げずに出ていったことから、
      過去に手痛い失恋をした彼女TOP5を訪ね歩き、自分の何がいけないのか理解しようと思い立つ。


      <感想> 評価 ★3
      60,70,80年代ロックをもっと知っていれば、100倍は楽しめただろうなと思う映画。
      映画の中でボブ・ディラン、ザ・キンクス、エルヴィス・コステロ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲が流れます。
      彼らの曲に影響を受けた人が観ると、映画の中の彼らのセリフがもっと活きているように感じられたであろうな
      っと思います。
      残念な事に・・私は2曲くらいしか知ってる曲がなくて音楽面では楽しめると言う事はなかったですが・・。
      情けな男のジョン・キューザックがいいです。
      フラレル自分に問題はある。
      本当に欲しいものを手に入れるためにはそこから自分を見直すって必要だと思った映画です。 

      0
        posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
        パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち
        PIRATES OF THE CARIBBEAN
         *
        パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち*

        2003年/米
        監督 :ゴア・ヴァービンスキー
        CAST:ジョニー・デップ、ジェフェリー・ラッシュ、
            オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ

        <STORY>
        カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスは、子供の頃にウィルという少年から手に入れた黄金のメダルを今でも大切に身につけていた。ある日、町はバルボッサが率いる冷酷な海賊たちに襲われる。精悍な若者に成長したウィルは、剣を手に勇敢に敵に立ち向かう。だが、奇怪なことに海賊たちは心臓を剣で貫かれても甦り、決して死ぬことはなかった。バルボッサの目当ては町の財宝ではなく、エリザベスの持っている黄金のメダルだったのだ。海賊たちはエリザベスをさらい、ブラックパール号で船出する。エリザベスに思いを寄せるウィルは、彼女を救うために一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組む
        <感想> 評価 ★4.5
        ジョニー・デップの怪演がこの映画をとても魅力的なものにしている。
        少しイッちゃってるジョニーなのに、剣は腕が立ったり、機転が効いたり、ずるがしこいようで、男気を通したり。
        アウトローでありながらアウトロー同士の約束は守る。
        そんな男くさい「海賊の船長」役は、ジョニーだから魅力が増したのだと思う。
        ニヒルなジョニーが、カッコつけながら沈没しつつあるマストから桟橋に乗り移る登場シーンは魅力的♪
        脚本はそれほど巧いとは思わないんだけど演出がうまいんだろうな。
        大仕掛けもそれほどあるわけじゃないのに、観客を引きつけるノリがある。
        シーンのひとつひとつに何かしらウィットとユーモアが仕掛けがあって、全体の調和を崩さない程度に連続していく。
        ジョニーは最近、シリアスが続いていたけど、ウィットに飛んでる役はやっぱりカレしかできないと思う。
        「ロード・オブ・ザ・リング」以降、人気のオーランド・ブルームはルックスはOK。
        ただ、ジョニーと比べるとまだまだな感じ。
        ヒロイン役のキーラ・ナイトレーは、時代コスチュームが似合っていて、おてんばな女性を魅力的に演じていた。
        ジェフリー・ラッシュはさすがです。
        エンド・クレジットの後に続編を匂わせる意味ありげなシーンが出てくるのでエンド・クレジットが始まって帰っちゃうと
        ダメだよ。続編がありそうなので期待!モチロン、デップのスパロウ船長だけは健在での続編で!ここに本文を記入してください。
        0
          posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
          パイレーツ・オブ・カリビアン / デッドマンズ・チェスト
          PIRATES OF THE CARIBBEAN 【DEAD MAN'S CHEST】
           *パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト*

          2006年/米
          監督 :ゴア・ヴァービンスキー
          CAST:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、
              キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、
              ステラン・スカルスゲールド、ナオミ・ハリス
           
          <STORY>
          前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返したジャック・スパロウ。自由な海賊暮らしをしている彼の前に逃れられない宿命が立ちはだかる。宿命とは13年前、ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめきはじめたと言うのだ。今度こそジャックの命は尽きるのだろうか・・・。
          <感想> 評価 ★4
          前作「呪われた海賊たち」で、ジョニデ演じるジャック・スパロウファンになり3年。待っての2作目だもんだから期待しちゃうよ、うんうん♪ やっとロードショーで観ました!深い事を考えず、単純にエンターテーメントとして楽しむ娯楽作品としては素晴らしい出来!素直に笑えます。ディズニー配給なので子供にも安心して見せれるのもうれしい点。1話目を見ていなくても十分楽しめるけれどStoryや配役を把握したいなら1作目を観てからの方がbest。
          今回もエンドロールのあとにオチありなので席を最後まで立たないで観て欲しい。DVDが発売されてもね。

          以下、ネタバレ
          0
            Read more ...
            posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
            パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド
            PIRATES OF THE CARIBBEAN THE WORLD END
             *パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
            *
            2007年/米
            監督 :ゴア・ヴァービンスキー
            CAST:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、
                キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、
                ジョナサン・プライス、ビル・ナイ、チョウ・ユンファ

            <STORY>
            東インド貿易会社のベケット卿は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れフライング・ダッチマン号を操り、世界制覇をもくろんでいた。海賊達は滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は9人の海賊たちを招集することだったが、9人のうちのひとりはジャック・スパロウだった。しかし、彼は現在「海の墓場」に囚われていた。
            <感想> 評価 ★4
            ジャック・スパロウ最終作は3時間の大作。前作2つと比べて迫力もアップ、お金をかけた感たっぷり。前作と違い、内容が濃すぎて何も考えずに笑えるエンタティーメントとは少々いかない。多少の基礎知識と相関図が頭に入っていないと少し混乱してしまうかも。なにせ内容が詰め込み過ぎているのだ。海の墓場で囚われの身になっているジャックの話。ディヴィ・ジョーンズと手を組んで世界制覇をもくろんでいるベケット卿の動き、フライング・ダッチマンとなって漂流しているウィルの父親を助け出す話、新キャラシンガポールの海賊:キャプテン・サオ・フェンの話、ウィルとエリザベスとジャックの三角関係(!?)の話にお決まりのブラック・パール号を奪い合うキャプテン・バルボッサとジャックの話e.t.c。それぞれが断片的に場面を入れ替えて話が進む。つまり、3作で1つの大きな物語となっているので「ワールド・エンド」だけを見るのはお薦めできないと言うこと。とは言え、ラスト40分ほどは一気に引き込まれたし意外な展開もあったし満足。
            今回はキャプテン・バルボッサがニヒルでカッコイイ。いい味を出しているし、バルボッサのペットのお猿のジャックがとってもチャーミング♪
            スパロウよりウィルとエリザベスとキャプテン・バルボッサの活躍が中心ぽいのがジャック・スパロウファンの私としては物足りなかったが。ジャックを味わうなら1作め。

            ※ジョニデがジャックの役作りの参考にしたと言うローリング・ストーンズのキース・リチャーズがジャックのパパ役で登場している。私はストーンズのキースと気づかなかったがこれから観る方は要チェック♪
            0
              posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
              ハサミを持って突っ走る
              RUNNING WITH SCISSORS *ハサミを持って突っ走る*
              2007年/米
              監督 :ライアン・マーフィー
              CAST:ジョセフ・クロス、アネット・ベニング
                  アレックス・ボールドウィン、ブライアン・コックス
                  グウィネス・パウトロウ、ジョセフ・ファインズ

              <STORY>
              アルコール依存症の父ノーマンと有名詩人になることを夢見る情緒不安定な母ディアドラのもとで育ったオーガステン。彼も幼い頃から同性愛に目覚め、将来は美容師や物書きになりたいと願っていた。やがて、両親の険悪な仲に収拾がつかなくなったことを機に、オーガステンはディアドラの掛かりつけ精神科医フィンチの家庭へ預けられることに。その風変わりな一家に始めは戸惑いながらも、次第に打ち解けていくオーガステン。こうして彼はこの家族との暮らしや経験を経て、ある決意を固めるのだった…。
              <感想> 評価 ★3
              オーガステン・バロウズの自伝小説の映画化。
              理解するとか、共感するとかほとんどの人がムリな内容の作品だけれど、122分間最後まで観ることが出来たし、15歳の青年オーガスティンが最後に選ぶ道が私には爽快で悪い印象のない作品でした。
              自制心なし・やりたい放題、最後は責任放棄、本能のままに生きる両親に育てられることって私が子供なら耐えられない。実話だけど、1970年代のアメリカの話。今の日本ならこんな好き放題の親に育てられている子供がいるんだろうな〜。
              子供は親を選べない。映画を観ながらずっと考えてしまいました。 
              0
                posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
                バタフライ・エフェクト
                THE BUTTERFLY EFFECT *バタフライ・エフェクト*
                2004年/米
                監督 :エリック・ブレス&J・マッッキー・ブラバー
                CAST:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、
                    ウィリアム・スコット、エンデル・ヘンソン、
                    メローラ・ウォルターズ、エリック・ストルツ

                <STORY>
                幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その時も彼の記憶は空白だった。エヴァンは虐待する父と乱暴な兄・トミーと暮らすケイリーと淡い恋に落ちるがエヴァンは引っ越しすることになる。「キミを迎えに来る」とメッセージを残して。
                時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。 エヴァンは、日記を読み返すことで過去に戻れる能力があることに気付く。
                <感想> 評価 ★4.5
                想像していたより良かった。映画館で見たかった1作。前半はかなり私好みの展開。いろんなパーツが散りばめられ、それが全部謎めいている。そしてパーツのひとつづつが明らかされていく構成。テンポ良く、中だるみなしで最後まで飽きさせない。意表をついたのはサスペンスタッチからヒューマン・恋愛タッチに変化していった点。しかしこの展開もありだと思えるのはテンポの良くムダがないところと主演のアシュトン・カッチャーがいいからだろうか。
                「バタフライ・エフェクト(バタフライ効果)」とは、初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して結果に大きな違いをもたらすことを言うらしい。(カオス理論と言う)まさにこの効果に基づいて映画は展開していく。
                エンディングにOASISの「Stop crying your heart out」が流れるがこれが映画の雰囲気とあっていてとっても良かった。

                以後、ネタバレあり ↓ 

                0
                  Read more ...
                  posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
                  バーバー
                  THE MAN WHO WASN'T THERE *バーバー*
                  2002年/米
                  監督 :ジョエル・コーエン
                  CAST:ビリー・ボブ・ソーントン、フランシス・マクドーマンド
                      ジェームズ・カンドルフィーニ、マイケル・バダルゴ 

                  <STORY>
                  1949年夏、北カリフォルニア、サンタ・ローザ。
                  妻の実家が経営する小さな床屋で働いているエド・クレインは、お喋りの義兄、かわりばえのしない仕事、
                  漠然とした不満の中で毎日を過ごしていた。
                  彼は、デパートで働く妻とその上司が深い関係にあることにも気づき始めていた。
                  そんなある日、床屋の客が新しい事業を始めるにも資金がないとぼやいていたのを聞き、
                  興味を持ったエドは、不倫をネタにゆすりを思いつく。
                  しかし、そのちょっとした犯罪はさまざまな悪夢を巻き起こし、事態は思いもよらぬ方向へ転がりはじめる
                  <感想> 評価 ★3
                  ジョエル&イーサンのコーエン兄弟監督作品(他に、ファーゴ、オー!ブラザーe.t..c)
                  この映画、想像よりはイマイチだったかな?
                  しかしビリー・ボブ・ソーントンの映画を最近よく見るが私はあまり好きではない。
                  でも、こういった系統の映画は彼が適役のように感じる。
                  好みじゃないんだけど無口な男を演じさせたらうまいなっ。1つの過ちや嘘で転がりはじめる人生を描いた作品。
                  0
                    posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
                    パッション
                    THE PASSION OF THE CHRIST *パッション*
                    2004年/米・伊
                    監督 :メル・ギブソン
                    CAST:ジム・カーヴィーゼル、モニカ・ベルッチ
                        マヤ・モンゲルステル、ロザリンダ・チェレンターノ
                        フランチェスコ・デ・ビート、フリスト・ジヴコヴ 

                    <STORY>
                    紀元前700年のエルサレム。ある日、イエスは十二使徒のひとりであるユダの裏切りによって捕らえられる。イエスを尋問した大司祭カイアファは、イエスが自らを救世主(,メシア)であり神の子と認めたとして激怒し、イエスが神を冒涜したと宣告する。ローマ帝国総督ピラトのもとに身柄を移されたイエスは、そこでも揺るぎない姿勢をみせる。やがて荒れ狂う群衆に気圧され、ピラトはイエスを十字架の刑に処する判決を下す。凄惨な鞭打ちを受け変わり果てた姿となったイエスは、ついに十字架を背負いゴルゴダの丘へと歩を進める…。
                    <感想> 評価 ★ no Judgment
                    アメリカで公開当時、ショックによる死者が出たり、自首する犯罪者が現れたり、ユダヤ人差別だと騒ぎが起きるなど一種の社会現象にまでなった作品。全編、セリフはアラム語とラテン語で人間イエス・キリストを徹底的に追求した映画である。
                    無神論者の私でも「キリストの受難」は知っているほど有名なので本作に興味を持っていたが、観る機会を失っていた。今回、四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター」観劇の為のの予備知識として鑑賞。

                    見終わって思ったことは「ナゼ、イエスは大司祭や民衆から神への冒涜だと非難され、十字架に処せられなければならなかったのか?」と言うこと。本作は、身の危険を感じ、司祭と民衆から身を隠しているイエスをユダが、たった銀貨20枚で裏切るところから始まるため、私の疑問は解決されないまま。
                    調べたところよると、イエスは、エルサレム神殿を頂点とするユダヤ教体制を批判し、自分こそが「救いの神(メシア)」と言い、民衆から預言者であると崇められはじめた為、ユダヤ教の司祭とその教徒らから神への冒涜だと非難され、十字架刑に処せられたらしい。
                    と、言うように、この映画でイエスを学ぶことは出来ないが、過去に見聞きしたイエスについての情報は繋がりを持ち出すことはできるだろう。
                    本作は映画の域を超えた作品であり、キリスト教徒であるのか、ないのか。何のために観るのかと言う意識を持つか、持たないかで評価が変わる作品と言えるだろう。

                    最後に、イザヤ53章5節より

                    彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、
                    私たちの咎のために砕かれた。
                    彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、
                    彼の打ち傷によって私たちはいやされた。
                    0
                      posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
                      バッド・エデュケーション
                      LA MALA EDUCAION *バッド・エデュケーション*
                      2005年/スペイン
                      監督 :ペドロ・アルモドバル
                      CAST:フェレ・マルティネス、ガエル・ガルシア・ベルナル、
                          ダニエル・ヒメネス・カチョ、ルイス・オマール 

                      <STORY>
                      1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、イグナシオと名乗る美貌の青年が映画の脚本を手に突然あらわれた。彼はエンリケの少年時代の神学校寄宿舎での親友。あまりに変わった友に疑いを感じながらも、脚本の内容にひきつけられていくエンリケ。なぜなら、そこに描かれていたのは二人の人生を変えた神学校でのエピソードが綴られていた。エンリケを守った為に自らを犠牲にし、砕けてしまったイグナシオの心。今もなお変わらぬ愛。でも何か違う。本当にイグナシオなのか?真実を求めエンリケはイグナシオの大いなる秘密を知ることになるのだった・・・。
                      <STORY>
                      アルモドバル監督は保守的な神学校出身。この作品は監督の半自伝的な作品と言われている。設定も若い映画監督。アルモドバル=エンリケと言う目で映画を観てしまった。この予備知識は良かったのか?どうなんだろう?
                      数シーン観ただけでアルモドバル作品と分かってしまう彼独特の世界観は変わらない。極彩色、心に傷を抱えた登場人物、劇中劇&劇中映画、ホモ(ゲイ)、親子愛、映像とマッチしたBGM。
                      BAD EDUCATION(悪い教育)、これは神学校の教師である神父が自分の小児性愛、ホモ(ゲイ)の嗜好の標的に無垢な少年を引き込んでしまうことを言っているのだろう。
                      で、感想だが、過去の監督作品の中では1番好きではない。小児性愛・ホモ(ゲイ)を通して、愛情、裏切り、悪意、欲望、純粋さを描いていることはわかるが引き込まれず終わった。私にはホモ同士の愛や切なさをリアルに感じることができなかったし、復讐は好きではないから。
                      この映画に女性はほとんど出て来ない。エロテックな場面も全部男同士の貪り合い。キレイだが冷静に観てしまった。しかし、ガエル・ガルシア・ベルナルはキレイだ。少年っぽさが消え、男の色気が匂い立っていた。過去観た作品の中では1番良かった。俳優として成長してる彼が見れたのは◎
                      オール・アバウト・マイ・マザー』では母親の愛、『トーク・トゥ・ハ−』では献身的な愛と孤独と友情、『バッド・エデュケーション』では究極の愛と欲望、そして復讐を言いたかったのだろうか?
                      0
                        posted by nagi | 映画「は行」ー(ハ) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others