Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ドット・ジ・アイ
    Dot the I * ドット・ジ・アイ*
    2003年/スペイン・英
    監督 :マシュー・パークヒル
    CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル 、ナタリア・ベルベケ 、
        ジェームズ・ダーシー 、トム・ハーディ 、
        チャーリー・コックス

    <STORY>
    カルメンはストーカーと化した恋人から逃れるためにロンドンにやってくる。そこで心優しいバーナビーと出会う。彼は郊外の邸宅で、働かずに優雅に暮らしていた。出会って10ヶ月、バーナビーはカルメンにプロポーズ、カルメンは受け入れた。婚約したカルメンは、レストランで女友達と独身最後のパーティー“ヘン・ナイト・パーティー”を楽しんでいた。。明日からはひとりの男と一生の愛の生活が始まる女性は、このパーティーでその場にいる一番いい男を指名し、キスをするというゲームがある。それはゲームのはずなのだが、彼女はキスをした男と一瞬で恋に落ちてしまう。男の名はキット。ふたりは何度か会ううちにより一層惹かれあっていく。そして、結婚式の当日がやって来る・・・・。
    <感想> 評価 ★3.5
    映画の面白さのひとつに“騙される快感”というものがある。婚約中のカルメンがキットと出会い、恋に落ちる。ありがちな三角関係のラブ・ストーリーかと思いきや、後半はがらりと変化する。
    冒頭からカルメンがスペインで恋人にひどい事をされた過去をちょろ見せしつつ、現在も見張られてる?つけられてる?的な映像が何度も出てきたり、キットとカルメンの出会いは偶然・運命のように見せながら、キットは何かを知ってるっぽい雰囲気を漂わせたりするのでラブストーリーではなく(何かが起こる、何かがある)と言う伏線の香りはプンプンする。
    「二転三転オチはどうなる!?」的な映画が好きな人には大満足はムリでもそこそこ良かったと言う評価をもらえる1作ではないだろうか。
    この映画、中身があまり深くないので、ネタバレしてしまっては楽しみが半減どころか無意味な映画になってしまう。観る予定の人はこの先はけして読まないで欲しい。


    以後、ネタバレ ↓ 
    0
      Read more ...
      posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
      ドーベルマン
      DOBERMANN *ドーベルマン*
      1997年/仏
      監督 :ヤン・クーネン
      CAST:ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ
          チェッキー・カリョ、アントワーヌ・バズラー 

      <STORY>
      パリの銀行で立て続けに強盗事件が発生。犯人はドーベルマンと名乗る強盗とその一味。生まれながらの強盗・ドーベルマンこと、ヤン・ルパントレックは、あるで遊びのように銀行を襲撃し続けていいる。鮮やかな手口で現金を盗む一味に、警察は手も足も出ない。もはやなす術がないことを知った警察署長クロダレックは、目的のためには手段を選ばない凶暴な警視、クリスチーニにすべてを委ねる。
      <感想> 評価 ★3.5
      仏映画と思えないスタイリッシュで劇画タッチな作品でした。ずっと観たいと思っていたのになかなかチャンスがなくて、やっと鑑賞。
      コレ、当たり!
      タランティーノ作品「レザボア・ドッグズ」やガイ・リッチー作品「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」が好きだと言う人なら必ず気に入ると思います。
      ドーベルマン一味のキャラクターがしっかり立っているのがこの作品の魅力でもありますね。ほとんどセリフらしいセリフがないのにヴァンサン・カッセルはすごく魅力的だし、聴力障害役のモニカ・ベルッチもキレイなだけじゃない、魅せる女優魂に惹かれます。
      手段を選ばない凶暴警視:クリスチーニはナチの雰囲気を醸し出す。人物描写がとても良い。Storyはとても単純。かなりの人が撃ち殺されるバイオレンス色が濃い作品だけど、劇画を楽しむような感覚で楽しめばいいんじゃないかと思います。
      0
        posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
        ドメステック・フィアー
        DOMESTIC DISTURBANCE *ドメスティク・フィアー*
        2001年/米
        監督 :ハロルド・ベッカー
        CAST:ジョン・トラボルタ、リック・バーネス、
            スティーブン・ブシェミ

        <STORY>
        誰も少年の目撃を信じなかった。 唯一ひとり父親を除いては…

        小さな造船所を営むフランク・モリソン(ジョン・トラボルタ)は、離婚以来、
        ひとり息子のダニーとは離れて暮らしていながらも、深い信頼と愛情で結ばれていた。
        元妻のスーザンが、町で成功している実業家、リックとの再婚することになった。
        結婚式の当日、式場に謎の男、レイ・コールマン(スティーブン・ブシェミ)が現れる。
        レイは昔のリックを知っているようだった。
        そんなある日、リックはレイ殺害をしてしまうが、凶行の一部始終を義理の息子のダニーが目撃してしまう…。
        <感想> 評価 ★2.5
        悪役をやらせると薄情さと不気味さを兼ねあわせた冷徹な人間に見え、一般市民を演じると誠実に、
        父親役だと優しいパパに・・トラボルタは映画でいつも安定感のある実力を見せてくれる。
        だから、トラボルタの出る映画はB級!?と感じながらも最後まで見れる。
        しかし、"ドメスティク・フィアー"のSTORYは、想像以上にイマイチだった感が否めない(⌒ ⌒;
        また、俳優・スティーブン・ブシェミが正体不明の役だと言うことで、あの気味悪さに魅力増すか!?と期待したが
        この映画ではノーマルでガッカリだった。
        0
          posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
          トラフィック
          TRAFFIC *トラフィック*
          2001年/米
          監督 :スティーブン・ソダバーグ
          CAST:マイケル・ダグラス、ドン・チールド、
              キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
              ベネチオ・デル・トロ、デニス・クエイド
          2000年 アカデミー監督賞、脚本賞、助演男優賞
          2001年 ベルリン映画祭、男優賞
          2000年 ゴールデン・グローブ賞脚本賞、助演男優賞
           

          <STORY>
          アメリカの裏社会に根深く浸透し、巨大な陰の経済を掲載する麻薬密売ルート。
          その中でも、アメリカとメキシコを結ぶ巨大な麻薬コネクション“トラフィック”をめぐって、
          様々な欲望や陰謀に満ちた事件が繰り広げられる。
          メキシコ州警察の警官ハビエール(ベニチオ・デル・トロ)は、親友と共に国境の警備にあたっていたが、やがて親友が汚職に手を染めてしまう。
          一方、麻薬取締り最高責任者ロバート(マイケル・ダグラス)は、
          娘・キャロライン(エリカ・クリステンセン)が麻薬に溺れていることを知り、なんとか立ち直らせようとする。
          麻薬王の妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、夫と子供を守る為、自らも悪の組織に手を染めていく。
          麻薬に関わる人々の思考が交差する中、それぞれの事件はやがて結末を迎えるのだった
          <感想> 評価 ★3
          2000年アカデミー賞4冠。こういう映画がアカデミー賞を獲るんだよなぁ〜と言う感想。
          この映画、元々はアメリカのTVドラマだった。確かに・・社会はドラマ向きかと思う。
          ベネチオ・デル・トロは相変わらずシブイ演技。
          映像に凝ってるのもわかった。メキシコの映像を砂漠を表現してか、黄味がかったセピア色にしていたし
          ラテン語に統一してたのもよかった。
          ただ、いかんせんまとまりが・・・・。
          つまりは物語と言うより、半分ドキュメント化してるから映画としてのオチがつけられないんだよね・・・
          この手の映画は、心して現代社会の問題提起なんだと思ってみないとなぁ〜(反省)
          0
            posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
            ドリームズ・カム・トゥルー
            AKEELAH and the BEE *ドリームズ・カム・トゥルー*
            2006年/米
            監督 :ダグ・アッチソン
            CAST:ローレンス・フィッシュバーン、キキ・パーマー、
                アンジェラ・バセット、カーティス・アームストロング 

            <STORY>
            サウス・LAに住む11歳のアキーラは、幼い時に父親を亡くし母親と兄姉と暮らしている。学校では飛び級もし成績優秀な生徒だったが、自分の身の置き場に迷い授業を欠席しがちな生徒だった。そんなアキーラは難解な英単語のスペルをマスターする才能を持っていた。校長は校内のスペリング大会に出場するように言い渡す。アキーラは優勝し、地区予選に出るため、UCLAの英語科の教授だったララビー博士のコーチを受けるように校長に言われる。
            <感想> 評価 ★3.5
            児童・生徒に観たもらいたいと思う1作。
            治安の良くない黒人居住区。けして恵まれていると言えない家庭環境・教育環境の中、「スペル大会」を軸に母親との関係、友達との関係、師との関係、自分の居場所、生きる目的を探し、誰の冷やかし、いじめにも屈せず「スペル大会」に全力をかけるアキーラを自然と応援したくなる作品。
            実話のようだが、ちがうようだ。なのに、「良いお話=美談」と薄っぺらく思わずに最後まで見れたのはアキーラ演じるキキ・パーマーの魅力と演技力のおかげだろう。


            0
              posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
              ドリーム・ガールズ
              DREAM GIRLS *ドリーム・ガールズ*
              2006年/米
              監督 :ビル・コンドン
              CAST:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、
                  エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン
                  アニカ・ノニ・ローズ 

              <STORY>
              1962年、デトロイトでスターを夢見る3人の少女、エフィー、ローレル、ディーナは「ドリームメッツ」という名でオーディションに出場していた。そんな彼女たちに目をつけたのは中古車販売の経営者カーティス。彼は彼女たちをデトロイトで大人気のジミー・アーリーのコーラスガールにつける。彼らは全米で大成功をおさめ、コーラスガールから「ザ・ドリームス」として独立デビューすることに。しかし、カーティスは彼女たちに告げる。リードボーカルは圧倒的な歌唱力を誇るエフィーではなく、美人のディーナだと。エフィーは渋々受け入れるが…。
              <感想> 評価 ★4
              ブロードウェイの大ヒットミュージカルの映画化。
              ミュージカル好きの私は、劇団四季の舞台を何度も見に行ってるので、映画のミュージカルは舞台にはかなわないと思うものの、新人のジェニファー・ハドソンの声量には感動。日本人であれだけの声量・あれだけのパンチで歌う人はちょっと見あたらない。あまりの歌のうまさ、堂々とした演技に主演のビヨンセが食われていた程。
              Storyも飽きさせない展開だし、知っている曲、聴いたことがあるおなじみのナンバーを楽しめるのもこの作品の魅力。
              また、エディ・マーフィを久々にメジャー映画で見た。おちゃらけた役どころでなく、歌も聴かせるし人生の華も地獄も演じる重要な役どころを≪エディ・マーフィ、まだまだイケるぜ!≫的に見せてくれた。ジェイミー・フォックスも黒人系俳優の中でモーガン・フリーマン、デンゼル・ワシントンに次ぐ確固たる地位を築いたと言えるだろう。
              0
                posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
                ドリームキャッチャー
                DREAMCATCHER *ドリームキャッチャー*
                2003年/米
                監督 :ローレンス・カスダン
                CAST:モーガン・フリーマン、トーマス・ジェーン、
                    ジェイソン・リー、ダミアン・ルイス

                <STORY>
                メイン州の小さな町に住む4人の少年、ジョンジー、ヘンリー、ピート、ビーバーはある日、風変わりな少年ダディッツを助ける。4人はその時、ダディッツから彼の持っている不思議な力を分け与えられ、以後その秘密を共有することで強い絆が結ばれる。20年後、大人になった4人にとってそのパワーは今では重荷として彼らにのしかかっていた。そんなある時、ジョンジーが交通事故で重症を負うが、奇跡的に一命を取り留める。やがて4人は北方の森にある狩猟小屋で再会を果たす。それは彼らにとって毎年恒例の楽しいイベントのはずだったが…。
                <感想> 評価 ★3
                ネタバレあり 要注意
                原作はスティーブン・キング
                前半は、ミステリアスな空気が流れ緊張感がある。幼少期に起きた出来事をきっかけに風変わりな友達との出会い、4人が持ってしまった超能力のフシギと苦悩、森から逃げ出してくる動物の描写が怖さを高めていく。
                しかし後半(中盤のエイリアン出現以降)は前半と全く違う展開になってしまってた。
                前半のたくさんの意味深な場面は伏線?と思わせ、不思議な力がどう絡むのかと期待してただけにちょっと拍子抜けな展開に。エイリアン出現しちゃった時点で一気にB級映画ダウンしてしまった。
                前半のスピード感が嘘のように、後半はゴチャゴチャだし、M・フリーマンの狂気も(ナゼ?)がないから中途半端だし、
                最後の方でなんで部下のT・サイズモアと殺し合っちゃったのか意味不明だし挙げ句に風変わりな友達=ダデッツが最後はエイリアンに変身してしまった@ (この展開かよぉ〜)としか言いようがないがそれでも見て損したキモチにならなかったのは期待していなかったからなのか、原作がS・キングだからか俳優人が良かったからか・・・。
                俳優人はジョーンジー役のダミアン・ルイスがエイリアンに身体を乗っ取られた自分を上手に演じ分けていた。
                0
                  posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
                  トレインスポッティング
                  TRAINSPOSTTING *トレインスポッティング*
                  1996年/英
                  監督 :ダニー・ボイル
                  CAST:ユアン・マクレガー、ユエン・ブレンナー、
                      ジョニー・リー・ミラー、ケヴィン・マクキッド、
                      ロバート・カーライル 

                  <STORY>
                  スコットランド・エディンバラ。ヘロイン中毒のレントン(ユアン・マクレガー)と彼の仲間たちは、いつもハイになっているか、ドラッグを買うために盗みをしているかである。唯一ドラッグをしないベグビー(ロバート・カーライル)もアル中でキレると手の付けられない乱暴者である。気まぐれで、レントンは“禁ヤク”をしたものの、窃盗で逮捕される。
                  <感想> 評価 ★2.5
                  この映画、意外に評価が高いのであるが・・・私には理解できない。疾走感はあるし、ビートルズのジャケットをもじっているシーンがあったり、シャレたところが多いのだが、詰まるところ"ドラッグ映画"に共感を感じないのである。
                  ドラッグでラリってる映画のどこがおもしろいねん?となってしまう。ドラッグ映画こそ更正する形で終わって欲しいのが私のホンネなのだが・・・・・。
                  0
                    posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
                    トレーニング・ディ
                    TRAINING DAY *トレーニング・ディ*
                    2001年/米
                    監督 :アンソニー・フクォア 
                    CAST:デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク
                    第74回 アカデミー賞 主演男優賞=デンゼル・ワシントン 

                    <STORY>
                    13年間ロサンゼルス市警に勤務するベテラン麻薬捜査担当刑事 アロンソ(デンゼル・ワシントン)は、長年腐敗した現実と向き合って生きてきたため、自身も法律と汚職の境界線を次第に見失いつつあった。
                    モラルが通用しない潜入捜査を行う状況の中、アロンゾの前に理想に燃える新人警官ジェイク(イーサン・ホーク)が現れた。
                    ジェイクは憧れの伝説的刑事アロンソの前で、自分の能力を証明しようと躍起になる。
                    たった1日24時間、2人の刑事が命を賭けて、戦慄の現実と向き合う。新人警官 ジェイクが体験する勤務一日目。それは正義が試される24時間、トレーニング・デイだった…。
                    <感想> 評価 ★4
                    イーサン・ホークをはじめて観た映画。正義感溢れる刑事役をスマートに演じている。
                    デンゼル・ワシントンはいい人役が多いのに、今回は刑事であるのに悪と結びついている役を演じている。ちょっと陰惨なシーンもあり、アカデミー賞はこういう社会派が好評価される傾向にあるんだなーと実感。だけど、D.ワシントンの演技は見終わった直後より時間経過した今の方が迫真の演技だったんだと感じられる。
                    ネタバレではあるが、最後のデンゼル・ワシントンのシーンがいい。
                    イーサンのファンなので言うのだが、助演を獲れるほどの演技でデンゼル・ワシントンに負けていない。
                    0
                      posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
                      トロイ
                      TROY * トロイ *
                      2004年/米
                      監督 :ウォルフガング・ペーター
                      CAST:ブラッド・ピット、オーランド・ブルーム、
                          エリック・バナ、ショーン・ビーン、
                          ダイアン・クルーガー、ローズ・バーン 

                      <STORY>
                      世にも美しく無謀な男が、ひとりの女を略奪した。男は、トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)。女は、スパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)。情熱のあまり他国の王妃を奪って花嫁とした古代ギリシャの伝説の恋は、やがて史上最大の戦いを引き起こす。ヘレンを取り戻すために差し向けられたのは、ギリシャ軍の千艘もの船、そして、「女神の息子」と呼ばれる無敵の戦士アキレス(ブラッド・ピット)。アキレスは自らの名誉と栄光のためだけに戦う、誇り高く倣岸な男だった。
                      紀元前12世紀に起こったといわれる伝説的なトロイ戦争を舞台に、展開するスペクタル映画。
                      <感想> 評価 ★4
                      ブラピファンは必見!ブラピのギリシャ彫刻のような肢体を存分に楽しめます(*・・*)ぽっ
                      歴史ものなのにSTORYは単純でわかりやすく親子の愛・国への忠誠心・男女の愛情などをベースに話は進み、「トロイの木馬」や「アキレスの矢」などのネタもちゃんとSTORYに入っててきれいにまとまってます。
                      深く感想を語るような箇所はありません。ブラピに浸れる1作です。
                      0
                        posted by nagi | 映画「た行」ー(ト) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others