Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ザ・コア
    THE CORE  *ザ・コア*
    2003年/米
    監督 :ジョン・アミエル
    CAST:アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、
        デルロイ・リンド、スタンリー・トゥィチ、
        チェッキー・カリョ

    <STORY>
    不思議な現象が地球上で多発していた。
    科学者たちは地球の中心である核(コア)が停止しかかっていることを発見。
    金属でできているコアは、地球の自転でダイナモのように発電して、強い磁場を地球の周りに発生させ、
    太陽や宇宙からの有害なイオン粒子から地球を守っている。
    もしコアが停止したら、それは人類が一年以内に滅亡することを意味していた。
    残された唯一の方法は、地下1800マイルへと潜ること。果たして人類の未来は?
    <感想> 評価 ★3
    人類の滅亡の危機を描いた映画はたくさんある。有名なところで巨大彗星が地球に衝突する恐怖「ディープインパクト」無数の隕石が地球を壊滅させる恐怖「アルマゲドン」巨大竜巻が襲う「ツイスター」マグマが噴き出すパニックもの「ボルケーノ」e.t.c
    同じジャンルの地球滅亡パニック映画である「ザ・コア」地球の中心の核(コア)が停止すると1年以内に人類が滅亡すると言う設定。とうとう核(コア)まで来ましたか?っと言う感じ(笑)またもや核弾頭を仕掛けてコアを動かすと言う。
    アメリカって核を良いモノと扱ってるんだよなぁ〜(アルマゲドンもそうだったよ〜な)
    文句言うなら見るなと言う話だが、私はこの手の映画が好きじゃない。

    過去に人類は地下にある核まで到達したことはない(と、思う)
    それ故に、架空の設定としか思えず、バージル地中探査船がコアへと潜っていく映像も(CGだしぃ)と言う感覚が抜けなくてワクワク感がゼロ↓だった。アルマゲドンは親子愛で泣かせてくれたが任務に責任を感じ、最後まで人類の為に遂行しようとする姿勢は胸を打つが・・・だからってイマイチ。
    親子愛でも感動できず、CGの凝った映像にはもう慣れっこで、どうにもイマイチな映画としかいいようがない。
     
    0
      posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
      ザ・スナイパー
      THE CONTRACT *ザ・スナイパー*
      2006年/米
      監督 :ブルース・べレスフォード
      CAST:モーガン・フリーマン、ジョン・キューザック

      <STORY>
      元警官の体育教師レイは、息子のクリスとふたり暮らしだが、最近、息子との間がしっくりいっていなかった。そこでレイは、親子の絆を強めようと、ふたりでキャンプへと出かける。しかし、その途中で、逃走中の男、カーデンを見つけて、警察まで連れて行こうとするが・・・。
      <感想> 評価 ★2.5
      日本未公開作品。Storyは簡単に説明すると、プロの殺し屋集団のボス、カーデンを警察に引き渡すためにカーデンと同行することにより親子が殺し屋集団に命を狙われるというもの。Storyはありがちだし、ハラハラ感もナゼか薄かったが飽きずに見れました。
      ただ、印象的なシーンもなかったし、意外性もなかったので印象の薄い作品でした。
      0
        posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
        ザ・セル
        THE CELL *ザ・セル*
        2000年/米
        監督 :ターセム
        CAST:ジェニファー・ロペス、ヴィンス・ヴォーン、
            ヴィンセント・ドノフリオ 

        <STORY>
        心理学者キャサリン(ジェニファー・ロペス)は、研究患者の精神世界に入り込む治療を行っている。ある日、逮捕された異常連続殺人犯カール・スターガー(ヴィンセント・ドノフリオ)の脳に入り、彼が拉致した女性の監禁場所を探り出して欲しいとFBIからの依頼を受ける。キャサリンは、危険人物の潜在意識に入るという、前代未聞の危険な冒険に挑み始める。
        <感想> 評価 ★ 2.5
        ふぅ〜@人の潜在意識の中に入り込み人を治療する。もしくは、この映画のように犯人に被害者をどこに隠したのかを問いただす。ねらいはわからなくもなく、おもしろいと言えばおもしろいが映画全体のイメージは尻つぼみに思える。
        精神分裂病(現:統合失調症)の犯人の潜在意識の中の世界のおぞましさは映像だけでもインパクトがあり、人の意識の中ってこんなんかもなぁと楽しめるが、後半、ジェニファー・ロペス(JLO)演じるキャサリンの潜在意識の中が見れるのだがコレがよくわからない。このヘンから「潜在意識って言っても作られた世界だからなぁ」と思ってしまい冷めてしまった。JLOは言いも悪いもキレイでピュアな雰囲気を出していて、クセがないのが魅力なのだけど。監督のターセムはインド出身。特別インド色があったワケじゃないが映像は美しい作り方をするなと思った。 
        0
          posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
          サッド・ムービー
          SAD MOVIE *サッド・ムービー*
          2005年/韓国
          監督 :クオン・ジョングアン
          CAST:チョン・ウソン、イム・スジョン
              チャ・テヒョン、ヨム・ジョンア
              シン・ミナ、ソン・テヨン、イ・ギウ、ヨ・ジング

          <STORY>
          切なくも儚い「別れ」だけを集めたオムニバス形式ムービー。
          ・恋に不器用な消防士と、彼の危険な仕事への不安を抱えながらもプロポーズを待っている彼女。 (ジャケット1番上)
          ・未来の見えない関係に別れを言う恋人に成功した自分を見せることで気持ちを繋げようと「別れさせ屋」を始めたボクサーの青年。(ジャケット2段目)
          ・職場の遊園地で絵描きの青年に一目惚れした女性は耳が聞こえなかった。着ぐるみを着て仕事をするその彼女のことが次第に気になり始める絵描きの青年。(ジャケット3段目)
          ・病に倒れたキャリアウーマンの母親と、2人の時間が終わらないよう懸命に母を守ろうとする息子。(ジャケット1番下)
          切ないリアリティがちりばめられたエピソードをオムニバスで形式で綴る。
          <感想> 評価 ★3
          号泣ものの映画!・・だったらしいが私は泣けず。
          さすがに母親と息子の物語は思い当たるフシもありある場面では一気にグッときたがその他のStoryは淡々と見てしまった。
          でも、収穫が1つ♥ 絵描きの青年を演じていたイ・ギウ♥ → 
          とっても可愛い♪ 演技力は??ではあるけれど今後の活躍に注目かな?
           
          0
            posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
            サハラに舞う羽根
            THE FOUR FEATHERS *サハラに舞う羽根*
            2002年/英・米
            監督 :シェカール・カプール
            CAST:ヒース・レジャー、ウェイ・ベントリー、
                ケイト・ハドソン、ジャイモ・ハンスウ 

            <STORY>
            1884年、女王陛下の名の下、世界の4分の1を支配下に収め、なお領土拡大を続けるイギリス軍。その将軍を父に持つ青年ハリーは友人達の信頼を受け、美しいエスネとの婚約もし、順風満帆の若きエリート士官。そんな時にスーダンへの反乱軍鎮圧のためハリー達の軍の派遣が決定する。ハリーは苦悩の末、除隊を決意。それを知ったジャック以外の仲間3人から臆病者を意味する「白い羽根」を送られて、ついには婚約者エスネまでもが「白い羽根」を送りつけられる。友人達を裏切り、愛するものも失ってしまった事で自分を見失ったハリーは4枚の白い羽根を握り締め、スーダンへと単身向かい友人の為に汚名返上を誓う
            <感想> 評価 ★3
            A.E.W. メースン原作の映画化。過去5回映画化・TVドラマ化されている英国の名作らしい。
            2時間12分は大きく3つに分かれる。.魯蝓爾斑膣屬隆愀検ξ人エスネとの恋そして除隊するまで 臆病者のレッテルに苦しみ単身スーダンへ乗り込み友を助け帰国するまで 1儿颪北瓩辰討ら である。
            戦争映画なので重点を置かれていないとは言え砂漠での角陣戦闘シーンや砂漠とラクダの隊列など見応えのあるシーンもあった。けれども全体的にはハリーが国に為に戦う事に、「死ぬと言うこと」に疑問と恐怖を感じ除隊をしたが、臆病者と言われるのなら友の為に戦うとスーダンに向かい命がけで友を、しいては英国を助ける姿を描いている
            。日本人には少し理解しがたい英国人の美学が映画の中で描かれているのではないかと思う。
            ハリー役のヒース・レジャーはスーダンでアラブ人になりすまして行くうちにドンドン魅力を増した。また原住民アブー役の俳優は素晴らしいと思う。調べても名前がわからないのが残念。監督は他に「エリザベス」の監督もしている
            0
              posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
              ザ・ビーチ
              THE BEACH *ザ・ビーチ*
              2000年/米
              監督 :ダニー・ボイル
              CAST:レオナルド・ディカプリオ、ヴィルジニー・リドワイヤン
                  ロバート・カーライル 

              <STORY>
              22歳のアメリカ人バックパッカー、リチャードは冒険を求めてタイへやって来た。そこでスコットランド人の男、ダフィに伝説の楽園“ビーチ”の話を聞く。その翌日、ダフィはビーチへの地図を残して手首を切って息絶えていた。半信半疑ながらも、その地図に「今まで体験したことのない何か」を感じたリチャードは、知り合ったフランス人カップル、エチエンヌとフランソワーズを誘い“ビーチ”を探す旅へ出る。
              <感想> 評価 ★3.5
              この映画、評判がすこぶる悪く、レオ様の美くしさも全盛期を過ぎてからの作品と言うこともあり、観る機会を散々はずしてきた作品だった。
              しかし、私の感想は、「悪くない作品」と評価。単純にディカプリオの演技を巧いと思う。
              と、言うか私はディカプリオを役者として認めているのでカレなりの表現をこの映画ではしていたと思った。
              確かに、映画で描かれている究極の楽園「ビーチ」に魅力は感じないし、楽園の長:サルにもカリスマ性を感じない為にどこか抜けた感じがする映画ではある。「魅力のない日常を打破する為に変化を求めてタイ」に来たリチャードが
              究極の楽園探しに夢中になるのもわかるが、楽園ビーチに固執する感情も理解しにくいし、途中、ディカプリオ演じるリチャードが精神的に狂気に満ちてしまう時があるのだが、ナゼ、精神に異常を来したのか?その理由の明記がわかりにくく残念だと思った。
              0
                posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
                ザ・メキシカン
                THE MEXICAN *ザ・メキシカン*
                2001年/米
                監督 :ゴア・ヴァービンスキー
                CAST:ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、
                    ジェームズ・ガンドルフィーニ

                <STORY>
                5年前、偶然に起こした交通事故がきっかけで、ギャングのボスを刑務所送りにしてしまったジェリー。以来、組織の使いっぱしりをやらされるハメに。恋人サマンサの頼みで足を洗おうとするが、結局“最後の仕事”を押しつけられる――。
                その仕事とは、メキシコから骨董(こっとう)モノの銃=メキシカンを運ぶこと。しかし、いつまでも優柔不断のジェリーに愛想を尽かしたサマンサは別れを決意する。なんとかメキシカンを手に入れたジェリーだが偶然が重なり拳銃を奪われたあげく、命を狙われる羽目に。一方のサマンサは、自分の夢をかなえるためラスベガスへ向う途中で、ジェリーが銃を持ち帰るまでの人質にされてしまう。最後に銃を手にするのは誰か?そしてジェリーとサマンサの愛の行方は!?
                <感想> 評価 ★3.5
                ((いいんじゃないですか〜?結構好きだな))っと言う感想。
                この映画でのブラピは自然で魅力的だし、ロバーツとブラピの恋人関係もアメリカンチックで悪くない。んでもって殺し屋のリロイ役のおじちゃまがいい味出してるし。
                軽いタッチの映画な割に「愛」について語ったりしちゃう。男と女に限らず人を愛することなんかをおじちゃまが語ったりして・・・なかなかいいっすよっと言う感じ。
                やっぱり人間は器ですね。
                ラブコメディータッチの軽めの映画で男女とも楽しめます♪ お薦め♪ 
                0
                  posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
                  ザ・ロック
                  THE ROCK *ザ・ロック*
                  1996年/米
                  監督 :マイケル・ベイ
                  CAST:ニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー、
                      エド・ハリス、ジョン・スペンサー 

                  <STORY>
                  昔連邦刑務所だったアルカトラズ島(通称:ロック)は観光地となっていた。ある日。ロック島がテロリストによって占拠され、観光客を人質に立てこもった上、神経性の毒ガスをサンフランシスコに発射すると脅してきた。FBIは、FBI化学兵器専門家のスタンリー(ニコラス・ケイジ)と、かつてアルカトラズからの脱出にただ一人成功した男・メイソン(ショーン・コネリー)をアルカトラズ島に派遣する。
                  <感想> 評価 ★4.5
                  最初から最後まで、手に汗握る緊迫感と迫力の映画。娯楽大作には十分すぎる映画です。
                  とにかく、ショーン・コネリーはいい年齢を重ねていてシブイっ。年齢不詳な程の機敏な動きがかっこいいです。
                  そして、まだ頭の髪の毛があるニコラス・ケイジ(爆)彼はアクション映画をさせてもいいです。
                  いい味だしてるし、素敵♪ 見て損はない映画。おもしろい!!
                  0
                    posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
                    さらば、我が愛
                    覇王別姫 *さらば、我が愛*
                    1993年/中国
                    監督 :陳 凱歌(チェンカイコー)
                    CAST:チャン・フォンイー、レスリー・チャン、コン・リー 

                    <STORY>
                    近代中国の歴史的変遷を基軸に、京劇の世界に生きる2人の俳優の人生を辿った作品。
                    石頭と小豆は京劇養成所で日々厳しい練習に耐えていた。石頭は身体が小さい小豆のことを弟分としてかわいがり大事にし、そのお陰で、辛く苦しい養成所の生活も、小豆にとって少しは暮らしやすいものになっていた。時が経ち、2人は人気俳優へと成長し、小豆は女形程蝶衣、石頭は段小楼となって数々の舞台を共にすることになる。その生活に満足していた程だったが、段が元遊女の菊仙と結婚した頃から段への思いを押さえることが難しくなり、関係がぎくしゃくし始める。そのうち日中戦争がおこり、共産党の台頭、文化大革命と時代は変わる。
                    <感想> 評価 ★3
                    レスリー・チャン演じる程蝶衣は、親から京劇の劇団に捨てられ、子供時代は、いかにして京劇の中で生き残るかを考えるしかない環境だった。そして現在も彼には京劇しかない。この蝶衣の舞台上の恋人役である段小樓(チャン・フォンイー)もまた、京劇役者でしか生きられない人間である。
                    けれども、なんとも納得できないのは、子供の頃あんなに身体が大きくおおらかで兄貴肌だって石頭が成人して段小樓になった途端に弱く情けのない男に成長しているところである。子供の頃とあまりにギャップがあって悲しかったし、それがこの映画の中で納得できない部分である。小樓の妻・菊仙は、女性としての強さを存分に演じている。女は愛するもののためには時代にも逆らうし、エゴイストにもなる。まさに菊仙はそのまんまの女性である。自分と自分の愛するものすべてが幸せなるためには、ダンナである小楼が命として生きてきた京劇の世界でさえ捨てさせるという女性を演じている。
                    もちろん、映画の中ではレスリー・チャン演じる程蝶衣に感情移入してしまうために
                    菊仙を憎く感じるのだが、その感情を持たせるほどに熱演していると言うことだろう。
                    そして・・・・恨んで主人である小楼と離したかった程蝶衣が、阿片に溺れそれから離脱しようと苦しむ姿を見たとき、程蝶衣にさえも愛情を与えてしまう母性には心がジーンときた。
                    奇妙な三角関係の間で葛藤する3人の男女。その3人の、三者三様の運命への対峙の仕方。この映画は見事に人間を描ききっている  
                    0
                      posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
                      サンキュー・スモーキング
                      THANK YOU FOR SMOKING *サンキュー・スモーキング*
                      2005年/米
                      監督 :ジェイソン・ライトマン
                      CAST:アーロン・エッカート、ウィリアム・H・メイシー、
                          ケイト・ホームズ、マリア・ベロ、ロブ・ロウ 

                      <STORY>
                      タバコ業界のPRマンとして巧みな話術と情報操作でタバコを擁護し続けるニックは連日マスコミの矢面に立ってタバコ擁護に奔走する日々。やがて、映画をタバコのイメージアップに利用する作戦が計画され、さっそくハリウッドへと渡るニックだったが…。
                      <感想> 評価 ★3
                      題材も笑いもめっちゃアメリカンな社会風刺映画でした。
                      健康を害するとして騒がれている社会問題(銃・タバコ・アルコールe.t.c)をコミカルにシニカルにエンタティーメントに仕上げてある作品です。だから【禁煙を強要される!】なんて作品ではありません(笑) 
                      タバコをPRするスポークスマンの主人公:ニックはディベートを使って「悪」とされているタバコのPRをするワケだけど、軽妙な会話と理論のすり替えで見事に喫煙反対者たちを煙に巻いていく。
                      これぞ「ディベート王国アメリカ」って感じ。日本のディベートはまだこの域にはとても達していない。だいたい、討論することが苦手な人種だし。
                      本作品は喫煙奨励映画ではなく、「人の意見を鵜呑みにしたり、左右されたりせずに自分で考えて生きろ」ってことが伝えたかったんだろうな。
                      ニック演じるアーロン・エッカート、アゴの割れてるアメリカンな雰囲気だけど、最近ちょっと好き♥ 2007年公開の「幸せのレシピ」も見ようと思っています。
                      0
                        posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others