Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ギャング・オブ・ニューヨーク
    GANGS OF NEW YORK
       *ギャング・オブ・ニューヨーク*

    2001年/米
    監督 :マーティン・スコセッシ
    CAST:レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、
        ダニエル・ディ=ルイス、リーアム・ニーソン、
        ヘンリー・トーマス、ジョン・C・ライリー 

    <STORY>
    1846年、ニューヨーク。縄張り争いを繰り広げる移民同士の抗争により、目の前で父親を殺された少年アムステルダム。自らも投獄された彼は、15年の時を経て、父を殺したギャング組織のボス、ビルへの復讐を誓い、この地に帰ってきた。素性を隠し、ビルの組織に入り込んだアムステルダムは、そこで運命の女ジェニーに出会い、許されない恋に落ちる。
    <感想> 評価 ★4
    2時間28分超大作映画。
    長いし、文芸作品で、むずかしい映画である為、興行成績・評判がイマイチだったのも理解できる。この手の映画は得手不得手があるだろうが、苦手じゃなければ、割といい評価を出す映画ではないかと思う。私は、文芸作品も好きなので「良かった」と評価した。
    「ロミオ+ジュリエット」「タイタニック」でレオ様に恋をしたと言うタイプのファンの期待はこの映画では裏切ってる。
    4年ぶりに映画出演した怪優ダニエル・ディ=ルイスは本当にすごい!
    ((なんなんだ?この存在感、この魅力は!?))と圧倒される。
    しかし、すごいのはそのダニエルの存在感に飲まれず、レオはカレの輝きを十分放っているところである。霞んでいない。美しいだけでなく、演技力・声音・動き・オーラどれをとってもこれからが期待される気がしたし、そう言う意味で「ギャング・オブ・ニューヨーク」に出演したことで、レオには価値があったと思う。
    私はどっちかと言うと、中盤が好き。
    父親を殺されたアムステルダムが、仇を撃つ機会を狙ってダニエル演じるビルへ近づくのだが、ルイスにかわいがられ、自身もカレに忠信を尽くしてしまうあたりの心の揺れが非常に良かったと思う。評価★4をつけたが、この映画は評価が完璧に分かれると思うので、文芸作品苦手な方は避けた方が無難。
    0
      posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
      キリング・ミー・ソフトリー
      KILLING ME SOFTLY *キリング・ミー・ソフトリー*
      2001年/米
      監督 :陳 凱歌(チェン・カイコー)
      CAST:ヘザー・グラハム、ジョセフ・ファインズ、
          ナターシャ・マケルホーン、イアン・ハート

      <STORY>
      冬のロンドン 衝撃の出逢い 身体を貫く視線の魔術
      嵐のように襲いかかる官能の世界 未知の快楽は 未知のサスペンスを呼ぶ


      アリス(へザー・グラハム)は、ウェブサイト開発を担当するキャリアウーマン。ある朝、アリスは出勤途中の交差点でミステリアスな男と出逢う。男の強い視線の魔術に吸い込まれたアリスはどうしてもその男が気になって仕方ない。衝動を抑えきれなくなったアリスは、オフィスを出て、彼と再会してしまう。男はタクシーを停めて開いたドアの横に立ち、アリスを見つめた。それは彼女の人生を変えてしまう入り口となった。これまで経験したことの無い激しいセックスに溺れるアリス。その男はアダム・タリス(ジョセフ・ファインズ)。登山中に遭遇した事故で多くの人々を救助した有名な登山家であった。謎めいた彼であったが気持ちを押さえられないアリスは恋人と別れアダムと結婚してしまう。しかし、アダムについて何を知らないことに気づき不安にかられる。
      <感想> 評価 ★3
      覗いてはいけない愛の果て
      そんなキャッチ・コピーで、ジャンルはスリラー/サスペンスとなっているが・・・
      私には女性の視点から描かれた恋愛映画に見えた。
      平たく言ってしまえば、恋人は好きになっちゃえば謎めいた人でもOK(危険でもね)だけど、結婚するなら謎だらけの人では不安だと言うことか・・・?
      設定自体はあり得ると思う。(交差点の信号のボタンを同時に押して、目と目が合ったことで意識しあうみたいなの)
      そして、アダムと出会ったことで官能の世界を知ってしまいハマってしまう形もわかる。
      ただ、ふたりが結婚して、いろんなことがあって、愛が冷めちゃうんだよね〜アリスの。
      んで・・・ラストシーンは数年後アリスとアダムが街のエスカレーターで再会するんだけど、そこがなんだかわからない。
      とにかく ジョセフ・ファインはいい身体です(好みではありません)
      ヘザー・グラハムはめっちゃキレイです。
      0
        posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
        ギルバート・グレイプ
        WAHT'S EATING GILBERT GRAPE *ギルバート・グレイプ*
        1993年/米
        監督 :ラッセ・ハルストレム
        CAST:ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、
            レオナルド・ディカプリオ、ダーレーン・ケイツ、
            ジョン・C・ライリー 


        <STORY>
        ギルバート (ジョニー・ディップ) は、姉エミー、妹エレン、知的障害者の弟アーニー (レオ) の4人兄弟。母は父に死に別れ7年間食べ続け、「海に打ち上げられた鯨」と形容されるほどの巨漢になった。ギルバートは食料品店に勤め、父親代わりでアーニーの面倒をよくみていた。店に良く来るベティと不倫関係にあったが、そこに、若くてキュートなベッキーが現れる。ギルバート27歳の激動の1年間。 ひとりの青年:ギルバートの生き方の物語。
        <感想> 評価 ★5
        好きな映画を5つあげてっと言われたら、間違いなく選ぶ1編。
        ジョニー・デップの演技力は素晴らしいし、若きレオナルド・ディカプリオの熱演は心を打たれます。本当に素晴らしい。
        ジョニーは、自分の生い立ちとこの映画の状況が酷似していたらしく、演じていてつらかったし、観ないだろうとコメントしている。
        アメリカにはN.Y/L.Aなど華やかな街で有名な反面、閉鎖的な片田舎は残っていて
        映画で描かれたような事は、映画だけの話ではないだろう。
        私の感情がいつもこの映画とラップするようで、何度見ても同じシーンで3度は泣いてしまう。家族愛・ひとりの人間の生き方・恋愛を絡めて映画いているいい映画です。
        0
          posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
          救命士
          BRINGING OUT THE DEAD *救命士*
          2000年/米
          監督 :マーティン・スコセッシ 
          CAST:ニコラス・ケイジ、パトリシア・アークェット、
              ジョン・グッドマン、ビング・レイムズ、
              マーク・アンソニー 

          <STORY>
          フランク・ピアース(ニコラスケイジ)は、救急医療の最前線で患者を死の淵から救う救急救命士。自らの職務に誇りを持ち、腕に自信を持っていた。少なくとも、1年前までは…。人命を救うという偉大な仕事は、最初はフランクに無限の悦びをもたらした。だが、数え切れないほどの人々が、なす術もなく死んで行くのを見続けた彼は、次第に救えなかった死者たちの亡霊にとり想かれていった。とりわけ、ローズという名の少女の亡霊が彼につきまとう。彼の魂は、いまや燃え尽きる寸前だった。そんな時、彼は心拍停止から辛うじて蘇生した男の娘、メアリー(パトリシア・アークエット)と出会い、昏睡状態の父を見守る彼女の力となる。メアリーとの暖かな心の交流は、フランクにとって魂の救済への最後のチャンスであった…。
          <感想> 評価 ★2
          「タクシードライバー」の監督マーティン・スコセッシ。私の大好きな俳優のニコラス・ケイジの作品。かなり期待してみましたが、STORY はイマイチ。でも、体格のいいニコラスが見られて私は満足。映画の中で裸のシーンが1箇所あって・・・感激しました。
          映画の中で競演してるメアリーを演じてるパトリシア・アークエットと、ニコラス・ケイジは本物の夫婦でした(現在は離婚している)当時は夫婦。なんで夫婦競演やねん。
          もう少しおもしろい展開なら良かったのに、理解できない感情表現の作品でおもしろくなかったです。
          0
            posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
            キング 罪の王
            THE KING  *キング 罪の王*
            2005年/米
            監督 :ジェームズ・マーシュ
            CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル、ウィリアム・ハート、
                ペル・ジェームズ、ローラ・ハーリング、ポール・ダノ

            <STORY>
            21歳の青年エルビスは、海軍を退役し、まだ見ぬ父デビッドに会うためにテキサスの小さな町を訪ねる。しかし今は裕福な牧師として妻子とともに新たな生活を送るデビッドにとって、突然現れた息子は汚れた過去を象徴する存在だった。拒絶されたエルビスは、父の娘であり、自らの妹である16歳のマレリーに接近する。二人の禁じられた関係は人知れず深まり、デビッドが築いた完璧な家庭に、不吉な波紋が広がり始める…。
            <感想> 評価 ★3.5
            ほんとうに静かな映画だった。
            繰り広げられているのはむしろ<静>とは逆の<憎悪><嫌悪><苦悩><復讐心>e.t.cなのに。
            多くの説明がない分、見る側によって感想は変わるだろう。
            私はエルビスが最初からこの結末など望んでいなかったと思うし、思いたい。日に日に感情が「憎悪」「復讐」に蝕まれていったのではないだろうか。
            ガエル演ずるエルビスは、拒絶された父の住む町でバイトをしながら暮らすのだ。感情を押し殺した暗い眼でホンネが見えず、それが観ている側にも不安を募らせる。エルビスは優しいのか、感情がないのか・・わからない。
            マレリーに近づき、恋をしたのは計算だったんだろうか?私にはマレリーとの関係が全て復讐のためだったとは思えないのだが。
            ガエルくんは存在感十分で、益々素晴らしい俳優になったなと思う。
            自分の妹となるマレリーへの行為は宗教上のタブーだし、自分の存在を「罪の子」と言う偽善者の父への「ある意味の最高の復讐」がラストシーンなのだろう。
            0
              posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
              キング・アーサー
              KING ARTHUR  *キング・アーサー*
              2004年/米
              監督 :アントワーン・フークア
              CAST:クライヴ・オーウェン、キーラ・ナイトレイ、
                  ヨアン・グリフィズ、レイ・ウィンストン
                  ヒュー・ダンシー、レイ・スティーヴンソン、
                  マッツ・ミケルセン

              <STORY>
              西暦415年、ローマ帝国の支配下にあったブリテン(現:イギリス)では、帝国からの独立を求めるブリテンのゲリラ=ウォードと、残虐な侵略者であるサクソン人らが終わりなき戦闘を繰り広げていた。ローマ軍の司令官であるアーサーは、無敵を誇る《円卓の騎士》を率いて内乱が続くブリテンの《ハドリアヌスの城壁》を守っていた。しかし、繁栄を極めたローマ帝国にも終焉の時が近づき、ついにローマ帝国はブリテンからの撤退を決定。だが、サクソン人への抑止力を失うブリテンの人々にとって、それは滅亡を意味していた。
              アーサーと円卓の騎士たちは、戦いに明け暮れる日々から解放され、懐かしい故郷で平穏な生活を取り戻すはずであった。しかし、ローマ教皇の名の下に、余りにも過酷な《最後の使命》が下される。ウォードとサクソン人の双方に包囲されたハドリアヌスの城壁の北の地から、ローマ人一家を救出しろというのだった。
              <感想> 評価 ★3.5
              最近、ギリシャやローマ、イギリスの歴史神話系スペクタクル映画の公開が多い。私も「トロイ」「アレキサンダー」「グラディエーター」など3本見てる。「キング・アーサー」は公開中評判悪かったし、アーサー役の俳優、誰?だったので見そびれていたがやっと観た。見終わっての感想は意外にも良かった。何回かホロリとしたし、騎乗で7人の騎士の士気を高める演説シーンや、親友で部下のランスロットを失った時の慟哭シーンなど印象的なシーンもいくつかある。ネット上ではやはり評判は悪い。アーサー役のクライヴ・オーウェンが役所広司だ!地味だ!と言われてる。確かにクライヴ・オーウェンは役所広司にそっくりだし地味だ。色気も足りない。映画の最初、このアーサーはカリスマ性ゼロだと思ったし脇を固める7人の騎士に気持ちを移して見始めたぐらいだった。が、観てるうちにクライヴ・オーウェンの物静かな重みのあるアーサーが魅力的に見えてきた。7人の騎士もそれぞれ個性的で脇を固めている。私はクライヴ・オーウェン好きだ。情報によれば過激戦闘シーン多いとR指定になるためカットされたらしくディレクターズカット版では過激な戦闘シーンが見れるらしい。
              0
                posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
                キンキー・ブーツ
                KINKY BOOTS *キンキー・ブーツ*
                2005年/英・米
                監督 :ジュリアン・ジャロルド
                CAST:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー

                <STORY>
                プライス社は田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場。息子のチャーリーは優柔不断。婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。あまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明、嫌々ながらも従業員に解雇を言い渡すのだが…。
                <感想> 評価 ★3.5
                英国のハートフルストーリー。
                冒頭で≪この作品は実話を基にしている≫と注釈されます。
                元となったのは英国ノーサンプトンにある紳士靴製造会社のスティーブ・ベイトマン氏。大きな脚色はなく。有名な俳優も出演しないけれど107分間、飽きさせず、ほろっと胸を熱くさせられたいい作品でした。

                最近、性同一性障害や、ゲイ、レズ関連の作品が多いように思います。
                この作品も社会に居場所のない、理解されない哀しみを抱えたドラッグ・クイーン(女装するゲイの事らしい)のローラことサイモンがいい役どころを演じています。
                また、「What can I do?」が口癖の優柔不断男が3代続いた会社を自分の代で倒産させるワケにいかないと、一念発起してがんばる姿、それに反発しつつ最後は理解を示す従業員たちとの心の触れ合いがサラッと描かれていてほろっと来ました。
                なかなか評判通りのいい作品でした。
                0
                  posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(4)
                  キング・コング
                  KING KONG  *キング・コング*
                  2005年/米
                  監督 :ピーター・ジャクソン
                  CAST:ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、
                      ジャック・ブラック、トーマス・クレッチマン、
                      アンディ・サーキス

                  <STORY>
                  1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナムは、かつてない冒険映画を撮り映画界をあっと言わせたいという野望を持っていた。ある日、「映画の撮影がある」と言って、脚本家のジャックと美しい新人女優アンを誘い、撮影クルーとともに航海に乗り出す。船が到着したのは、幻と呼ばれていた孤島。その名もスカル・アイランド(ドクロ島)だった。樹木がうっそうと生い茂る中で、島に生息する想像を絶する生き物たちを目撃する。
                  <感想> 評価 ★4
                  1933年、1976年に続いて3度目の映画化。
                  映画館で観た方が映像の魅力を感じられただろうと後悔しつつDVD鑑賞。3時間超の長編大作だが観る価値はある。監督は「L.O.R」3部作のピーター・ジャクソン。ジャクソンは21世紀の娯楽大作映画の巨匠になるかも知れない。
                  キングコングはあまりにも有名な映画キャラクター。しかし、映画自体は幼少時にTV放映で観た記憶がある程度。ラストシーンでエンパイヤステートビルによじ登るがキングコングが飛行機の射撃で射殺されると言う記憶があっただけだった。こんなに人間のエゴや自然との共存を唱えた深みのある話だと思わなかった。だからこそ、何度もリメイクされているのだろう。
                  本作品はストーリーの展開もスピディーでテンポが良い。また、素晴らしいCGでキングコングの表情や動き、恐竜の動きを見せてくれる。違和感を感じない程で素晴らしい。
                  主役のナオミ・ワッツは最近いろんな映画に主役級で出演している。美人でスタイルもいいのにナゼか印象に残らない女優である。何色にでも染まれる透明感のせいだろうか?今後のナオミ・ワッツの活躍に期待したい。
                  0
                    posted by nagi | 映画「か行」ー(キ) | comments(0)
                    Infomation
                    映画レビューサイト

                    独断と偏見で
                    映画の紹介と感想を記してます
                    トラバ・リンク歓迎

                    <検索の注意点>
                    「ヴ」→「う」検索
                    「The]→「ザ」検索
                    Entries
                    CATEGORIES
                    Comments
                    Bookmarks
                    Recommend
                    映画リンク
                    counter
                    ブログパーツUL5
                    Recommendation
                    Others