Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    16ブロック
    16BLOCKS *16ブロック*
    2006年/米
    監督 :リチャード・ドナー
    CAST:ブルース・ウィリス、デヴィッド・モース、モス・デフ

    <STORY>
    NY市警の刑事ジャック(ブルース・ウィリス)は、夜勤明けだというのに裁判所に証人を送り届ける任務を急遽命じられる。裁判所までわずか16ブロック(約1.6km)。仕方なく引き受けたジャックだったが護送中に何者かに襲撃され危うく証人を殺害されそうになる。ナゼ証人は襲撃されたのか?裁判閉廷まであと118分。ジャックは証人を無事に裁判所に送り届けられるのか。

    <感想> 評価 ★3.5
    設定はおもしろいと思う。16ブロック、大阪で「梅田ー淀屋橋間」東京で「東京駅ー新橋間」たった一駅分の距離、犯人を護送している間に起こる事件には警察絡みの裏がある・・と言う話。
    悪くないけど、おもしろい!とも言い切れず。B・ウィリスが落ちぶれた定年前の老年刑事を役作りして演じてるのはわかるが、この手の話って過去作品にもあったような気がして新鮮味はなかった。
    証人エディ役のモス・デフ。最初は軽薄そうで甲高い声でひとり喋りまくるのがうっとおしかったが、ラストでそれが効いてくる。「ひとは生まれ変われる」と言うのが言いたかったようで、恵まれない環境や状況の中で、簡単じゃないけど、生き方は本人の気持ち次第で変えられるんだと人情話で締め。デヴィッド・モースが悪役として素晴らしいバイ・プレイヤーぶりを魅せ、俳優陣に文句はなし。106分とコンパクトにまとめて飽きさせずに見せてくれているので及第点だろう。
    ちなみに、いろんな映画blogで「ブルース・ウィリスが歳を食った。太った。すっかりおっさん」などと酷評されているが、ジャック刑事演じる為の役作りですからね!本当のウィリスは鍛えてますよ!と弁護してあげたくなる。可哀想だよね、俳優って。「ダイ・ハード4」も控えてるしね♪
    0
      posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
      15ミニッツ
      15 MINUTES *15ミニッツ*
      2000年/米
      監督 :ジョン・ハーツフェルド
      CAST:ロバート・デ・ニーロ、エドワード・バーンズ、
          ケルシー・グラマー、カレル・ローデン、
          オレック・タクタロク

      <STORY>
      ニューヨーク市警殺人課刑事エディ・フレミング(ロバート・デ・ニーロ)。
      数々の大事件を解決してはマスコミに登場するスター刑事。
      “流血沙汰ほどトップニュースにもってこい”が信条のニュース番組『トップ・ストーリー』
      キャスター=ロバート・ホーキンス(ケルシー・グラマー)も、エディの人気を利用して視聴率を稼いできた。
      ある日、NY市でアパートの家事の後から男女ふたりの焼死体が発見された。
      消防局の 放火捜査員ジョーディ・ワーソー(エドワード・バーンズ)が調査した結果、
      殺人隠ぺいのための放火だったことがわかる。

      <感想> 評価 ★3.5
      衝撃的な映像を見せる事で視聴率がとれる。
      それが社会的に問題のある行為でもマスメディアは「正当性」を主張して映像をTVに垂れ流しにする。日本でもよく見られるマスメディアの問題を題材にした映画。

      Storyの目のつけどころはおもしろい。演技が巧いのは認めるけど、くどさが目につくデ・ニーロも今回は押さえた演技でいい味を出してる。若手でまっすぐな青年の放火捜査員 エドワード・バーンズ。相手役のエドワード・バーンズを部下の刑事にしないで、他職に設定することで、ひねりを入れたのも悪くなく中盤まではかなりおもしろく見れました。
      ただし、後半ダレた感じが否めません。
      この手の映画を私は嫌いじゃない。ついでにエドワード・バーンズも大好き♪ 私が注目する若手俳優のひとり。
      0
        posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
        13/ザメッティ
        13/TZAMETI *ザメッティ ロシアン・ルーレット*
        2005年/仏
        監督 :ラ・バブルアニ
        CAST:ギオルギ・バブルアニ、パスカル・ボンガール
            オーレリアン・ルコワン、フィリップ・パッソン
            オルガ・ルグラン、フレッド・ユリス

        <STORY>
        フランスの地方。22歳のグルジア移民のセバスチャンはゴドン家の屋根の修理の仕事を任されていた。ある日、セバスチャンはゴドン氏に近々大金を手にできる手紙が届くと言う話を耳にする。ほどなくしてドラッグ漬けだったゴドン氏はドラッグの多量使用で死亡。セバスチャンは運命に導かれるようにゴドン氏に届いた「金儲けの手紙」を手に入れる。かくしてセバスチャンは列車に乗り込み「13」のカードに誘われて森の中の不気味な屋敷にたどり着く。そこで行われようとしていたのは、13人のプレイヤーによる集団ロシアン・ルーレットだった。

        <感想> 評価 ★3.5
        撃つか撃たれるか神経ギリギリ戦慄のロシアン・ルーレット
        全編モノクロームのスタイリッシュなフランス映画。
        「人間の死」をロシアンルーレットして遊ぶのだからこれほど残虐で邪悪な設定はないと思い、予告を見た時からDVD化を待っていたのだけれど、想像したほどに衝撃も恐怖感も感じなかった。
        これって、慣れなんだろうか?
        冒頭こそ、フランス独特の雰囲気と全くわからないフランス語に睡魔に襲われかけたが、セバスチャンが屋敷についてからは緊迫した空気が感じられ、映画の中に引き込まれた。しかし、ラストは想像がついてしまい、題材に魅力があるだけになんだかもったいない映画だった。
        恐怖感にしても緊迫感にしても1枚薄い布越しに感じるような鈍い感じで伝わる気がしたのはモノクロ効果のせいだろうか?
        「13/ザメッティ」の公式サイトによるとハリウッドリメイク決定らしい。リメイク版ではモノクロの意図は残すのか?と興味はある。ちなみに「ザメッティ」とはグルジア語で「13」の意味。キリスト教の[13]ともかけてあるんだろうと思うがキリスト教に知識のない私には気味の悪い数字でしかない。
        0
          posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
          12モンキーズ
          TWELVE MONKEYS *12モンキーズ*
          1995年/米
          監督 :テリー・ギリアム
          CAST:ブルース・ウィルス、ブラッド・ピット、
               マデリーン・ストー、ディヴィッド・モース
          1995年 ゴールデン・グローブ助演男優賞=ブラッド・ピット

          <STORY>
          西暦1996年12月28日、人類の99%が謎の細菌によって死滅した。人々は地上を追われ、地下での生活を余儀なくされた。2035年、科学者グループは原因を探るために調査重ね、その謎を「12モンキーズ」が握っていることをつきとめた。2035年・囚人ジェームズ・コール(ブルース・ウィルス)は、特赦を条件にウィスルが蔓延したとされる1996年に調査のためにトリップするように指名を任される。ジェームズは人類を救うべく、時空を超えて戦うSFサスペンス

          <感想> 評価 ★3
          ゴールデングローブ賞、助演男優賞
          を獲ったビラピのキレ具合がとてもいい映画。
          ブラピとブルース・ウィリスの競演だが、この作品ではブラピがブルース・ウィリスを食ってしまっている。それほど迫真に満ちたキレた演技が見ているものを引きつけてしまう。目がイッちゃってて広い意味で魅力的だ。ブラピ、こんなにキレた役ができるとはと彼を俳優として初めて評価した映画である。キレたりラリったりの映画は多いが、この映画のブラピはすごみがあっていい!っと言う訳でStory的には私はイマイチだったので、俳優重視で楽しんだ作品。


          0
            posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
            11:14
            11:14
            2003年/米・カナダ
            監督 :グレッグ・マルクス
            CAST:パトリック・スウェイジ、ヒラリー・スワンク
                レイチェル・クック、ヘンリー・トーマス
                バーバラ・ハーシー

            <STORY>
            深夜、運転中に車に何かがぶつかり事故を起こしたジャック。ぶつかってきたものは「顔の潰れた人」だった。飲酒運転である彼はパニックになりトランクに死体を隠すが駆けつけた警察官に見つかる。駆けつけたパトカーの中にはふたりの容疑者が乗っていた。このふたりは・・・?

            <感想> 評価 ★3.5
            1つの点(11時14分と言う時間)を起点に錯綜する5つの事件と交錯する5人を描いた作品。日本では劇場未公開作品。
            最近の作品だと「クラッシュ」に似ているが実は本作品の方が先に制作されている。

            説明なく始まる散らばった出来事のパーツがStoryが進むにつれてどんどん繋がりだしていくので引き込まれていく。残念ながら「クラッシュ」のように深みがなく、ただ散らばったパーツが繋がっていくのを見ているだけなのだが群像劇が好きと言うこともあって、86分スピード感維持したまま一気に駆け抜けた感が後味を良くしている。
            ヒラリー・スワンクが前歯にブリッジをはめてブサイク全開。彼女は怪優だ。映画によってどんな女優にも変身する。ちょぃ役で出てるのがもったいないぐらいだった。
            B級作品かも知れないが意外に拾い物の1作品。



             
            0
              posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
              10日間で男を上手にフル方法
              HOW TO LOSE A GUY IN 10 DAYS
                  *10日間で男を上手にフル方法*

              2003年/米
              監督 :ドナルド・ベトリ
              CAST:ケイト・ハドソン、マシュー・マコノヒー、
                   アダム・ゴールドバーグ 

              <STORY>
              アンディ(ケイト・ハドソン)は、ニューヨークの雑誌記者。
              コロンビア大学でジャーナリズムの修士課程を出、硬派の記事を書きたいのに、担当は「How to」記事ばかり。
              アンディは次回の企画を「10日間で男を上手にフル方法」にすると編集長に言ってしまう。
              一方、広告代理店勤務のベン(マシュー・マコノヒー)は一大プロジェクトを手中にしかけていたが、
              あまりにも男権主義のため、今回の企画元の女性上司から外されかけようとしていた。
              彼の有能さを惜しむ上司が、
              「10日以内に本当に彼を愛してくれる人を見つけられればプロジェクトを任せる」

              <感想> 評価 ★3
              軽く見れる恋愛映画。フツーの恋愛映画と違うのは、フラれるために17ヶ条があること。
              コレがなかなか笑えるのだ。
               ワガママ攻撃   カレの大好きなバスケ(NBA)が接戦の終了間際に
               「喉が渇いたの。ジュース買ってきて」買いに行かせる
               マーキング攻撃   カレの部屋に許可なしに私物を持ち込む。
               植物・ぬいぐるみ、果ては犬まで
               ペアルック攻撃  流行とはほど遠いペアルックを強要して着せる。
              などなど・・(笑)
              アンディ役のケイト・ハドソンの映画は初めてだが、イヤなオンナ役をやってもどこか愛らしいと言うのがこの映画のミソ。
              チャーミングで表情豊かでかつ知的な雰囲気。
              これだけイヤなオンナを演じて感じいいと思わせるのだから魅力あるだろう。
              なんと!!このケイト・ハドソンってゴールディ・ホーンの娘らしいのだ(驚き)
              映画の後半。カレの実家へアンディが行くあたりからがなかなかいい感じなので、
              「恋愛映画はキライじゃないな」って方、悪くない映画です。

              0
                posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
                8mm
                8mm
                1999年/米
                監督 :ジョエル・シュマッカー
                CAST:ニコラス・ケイジ、ピーター・ストーメア
                     エイミー・モートン 

                <STORY>
                1歳に満たない娘を心から愛し、愛妻家である探偵のウェルズ(ニコラス・ケイジ)。
                今回の依頼人は富豪の夫人クリスチャンで、
                夫の遺品からスナッフフィルム(実際に人を殺す場面を記録した映画)が出てきたと言う。
                依頼は、この8mmが、やらせの作り物である確証と、
                8mmの中の少女が生存していることを確認して欲しいとのだった



                <感想> 評価 ★3
                ニコラス・ケイジのファンの私。
                彼だからできるっという作品ではないなと思ったけど、映画ならではの敵討ち系の映画!!
                ((自分の家族を守るには 殺害しかない!))っと行動するニコラスの心の動きが非常にわかる。
                真実を被害者家族に話すのか?それがBESTなのか?知らない方がBESTなのか?
                ・・真実は本当に非常だ
                0
                  posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
                  6デイズ7ナイツ
                  SIX DAYS SEVEN NIGHTS *6デイズ / 7ナイツ*
                  1998年/米
                  監督 :アイバン・ライトマン
                  CAST:ハリソン・フォード、アン・ヘッチ

                  <STORY>
                  クイン・ハリスは、南の楽園で気ままに暮らすオンボロ飛行機のパイロット。NYからバカンスにやって来たロビン・モンローに強引に雇われ、飛び立ったまでは良かったが、突然の大嵐で南の孤島に不時着してしまう。飛行機は故障、脱出手段はなし。おまけに勝ち気なニューヨーク娘とぶっきらぼうなパイロットの相性は最悪。だが、そんなことはおかまいなしに大自然の脅威と思わぬ敵がふたりに迫っていた。
                  果たして"7泊6日"のサバイバル・ツアーの終わりを待ち受けるのは?

                  <感想> 評価 ★3
                  大衆ウケ映画。
                  オンボロ飛行機が大嵐に遭い孤島に不時着。いがみ合ってるふたりが自然と惹かれあうと言う(あぁ〜古典的な恋愛もの)ってコレ、アドベンチャー映画なんじゃないのかよ?と言う映画。
                  なので、肩の力を抜いて(ぼぉ〜)と観るにはいいかな・・と。
                  映画の先は読めるしヒロインにはあんまり魅力を感じず、ハリソンくん、もう冒険ものする年齢じゃないよな〜と思うのだけど、映画を観てる間はそんなに不満を感じるわけではないけど、見終わった後には何にも残らないです。
                  ヒロインのアン・ヘッチ、薄着だからかな?ノーブラで先が見えているのが気になって・・・。ど〜よ? 
                  0
                    posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
                    0:34
                     0:34   *零時34分*
                    2005年/英・独
                    監督 :クリストファー・スミス
                    CAST:フランカ・ポテンテ、ヴァス・ブラックウッド、
                         ショーン・ハリス

                    <STORY>
                    ロンドンの地下鉄チャリング・クロス駅。電車を待つ間にベンチで気づかないうちに寝てしまったケイト。深夜0:34の最終電車に乗り遅れた上に出口から締め出され、途方に暮れる。そんな時、ケイトの前に無人の列車が到着。思わず乗り込むケイト。その時、いつもの地下鉄の駅が、無限に広がる地下迷宮へと変わる−。突然、列車が停車し驚いた彼女が目にしたのは運転手の惨殺死体だった! 助けを求めた警備員が、駅で暮らす若いカップルが、次々と断末魔の叫びと共に闇へと消えていく。‘何か’がいる・・・。 そして、ついにケイトがその真実を目撃する時、今までの恐怖が序章に過ぎないことを知る・・・。

                    <感想> 評価 ★3
                    殺人鬼系ホラー映画。前半1/3、閉じこめられた地下鉄構内から出たいとホームレスのカップルや警備員に助けを求めるが彼らが次々に何者かに殺害されていく。<何か>に追われ、殺される恐怖でケイトは迷路のような地下鉄構内を逃げ回る。その中を猛獣のような異様な叫び声が響き渡る。怖くて心拍数がドンドン上昇。で、その恐怖の正体は殺人鬼となる。
                    私の感想は後半失速したなと言う感じ。前半あれだけ怖がらせて出てきた殺人鬼が意外に弱いタイプなのが残念。殺人鬼ものが好きな人は楽しめるかも。

                     以後、ネタバレ  read more・・へ



                    0
                      Read more ...
                      posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
                      1.0 ワン・ポイント・オー
                      ONE POINT O  *1.0(ワン・ポイント・オー)*
                      2004年/米・ルーマニア・アイスランド
                      監督 :ジェフ・レンフロー&マーティン・ソールゾン
                      CAST:ジェレミー・シスト、デボラ・カーラ・アンガー、
                           ランス・ヘリクソン、ウド・キア
                       
                      <STORY>
                      実験台は、アパートの住人たち。驚愕の近未来を描く【不条理系ナノテク・スリラー】

                      老朽化したアパートで暮らすサイモン・Jの所に差出人不明の箱が届く。中身はカラッポ。不思議に思いながらもその箱を捨てるが何故かその後も空の箱は何度も部屋に送られ続ける。
                      時を同じくしてアパートの住人の変死体が発見される。どうやら、このアパートで何か異様なことが起きているらしい。
                      しかし具体像は掴めないままであった。着実に“何か”がサイモンを、アパートを侵蝕していく……。


                      <感想> 評価 ★2
                      サンダンス映画祭絶賛!あの「SAW」「CUBE」を凌ぐ作品!

                      あぁ、この手のふれこみ私はにど〜も弱い@
                      謎の空箱、ナノテクノロジー、奇妙な隣人達、首だけのロボット、大量に買い込まれた肉、コーラ、牛乳・・・。伏線が点在してて興味を駆り立てる。
                      が・・・Storyが進んでも謎はスキッと解読されない。
                      不条理サスペンならぬ不可思議サスペンス。難解過ぎ。
                      と、言うワケでこの作品は、観た人と (それってどう理解した?)っと語り合いたい作品である。
                      以下、私が観て理解したところを書いておく。

                      ネタバレなら read more をどうぞ


                      0
                        Read more ...
                        posted by nagi | 映画「英数」-(123) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others