Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ザ・コア
    THE CORE  *ザ・コア*
    2003年/米
    監督 :ジョン・アミエル
    CAST:アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、
        デルロイ・リンド、スタンリー・トゥィチ、
        チェッキー・カリョ

    <STORY>
    不思議な現象が地球上で多発していた。
    科学者たちは地球の中心である核(コア)が停止しかかっていることを発見。
    金属でできているコアは、地球の自転でダイナモのように発電して、強い磁場を地球の周りに発生させ、
    太陽や宇宙からの有害なイオン粒子から地球を守っている。
    もしコアが停止したら、それは人類が一年以内に滅亡することを意味していた。
    残された唯一の方法は、地下1800マイルへと潜ること。果たして人類の未来は?
    <感想> 評価 ★3
    人類の滅亡の危機を描いた映画はたくさんある。有名なところで巨大彗星が地球に衝突する恐怖「ディープインパクト」無数の隕石が地球を壊滅させる恐怖「アルマゲドン」巨大竜巻が襲う「ツイスター」マグマが噴き出すパニックもの「ボルケーノ」e.t.c
    同じジャンルの地球滅亡パニック映画である「ザ・コア」地球の中心の核(コア)が停止すると1年以内に人類が滅亡すると言う設定。とうとう核(コア)まで来ましたか?っと言う感じ(笑)またもや核弾頭を仕掛けてコアを動かすと言う。
    アメリカって核を良いモノと扱ってるんだよなぁ〜(アルマゲドンもそうだったよ〜な)
    文句言うなら見るなと言う話だが、私はこの手の映画が好きじゃない。

    過去に人類は地下にある核まで到達したことはない(と、思う)
    それ故に、架空の設定としか思えず、バージル地中探査船がコアへと潜っていく映像も(CGだしぃ)と言う感覚が抜けなくてワクワク感がゼロ↓だった。アルマゲドンは親子愛で泣かせてくれたが任務に責任を感じ、最後まで人類の為に遂行しようとする姿勢は胸を打つが・・・だからってイマイチ。
    親子愛でも感動できず、CGの凝った映像にはもう慣れっこで、どうにもイマイチな映画としかいいようがない。
     
    0
      posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        posted by スポンサードリンク | - | -
        Comments







         
        Infomation
        映画レビューサイト

        独断と偏見で
        映画の紹介と感想を記してます
        トラバ・リンク歓迎

        <検索の注意点>
        「ヴ」→「う」検索
        「The]→「ザ」検索
        Entries
        CATEGORIES
        Comments
        Bookmarks
        Recommend
        映画リンク
        counter
        ブログパーツUL5
        Recommendation
        Others