Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    さらば、我が愛
    覇王別姫 *さらば、我が愛*
    1993年/中国
    監督 :陳 凱歌(チェンカイコー)
    CAST:チャン・フォンイー、レスリー・チャン、コン・リー 

    <STORY>
    近代中国の歴史的変遷を基軸に、京劇の世界に生きる2人の俳優の人生を辿った作品。
    石頭と小豆は京劇養成所で日々厳しい練習に耐えていた。石頭は身体が小さい小豆のことを弟分としてかわいがり大事にし、そのお陰で、辛く苦しい養成所の生活も、小豆にとって少しは暮らしやすいものになっていた。時が経ち、2人は人気俳優へと成長し、小豆は女形程蝶衣、石頭は段小楼となって数々の舞台を共にすることになる。その生活に満足していた程だったが、段が元遊女の菊仙と結婚した頃から段への思いを押さえることが難しくなり、関係がぎくしゃくし始める。そのうち日中戦争がおこり、共産党の台頭、文化大革命と時代は変わる。
    <感想> 評価 ★3
    レスリー・チャン演じる程蝶衣は、親から京劇の劇団に捨てられ、子供時代は、いかにして京劇の中で生き残るかを考えるしかない環境だった。そして現在も彼には京劇しかない。この蝶衣の舞台上の恋人役である段小樓(チャン・フォンイー)もまた、京劇役者でしか生きられない人間である。
    けれども、なんとも納得できないのは、子供の頃あんなに身体が大きくおおらかで兄貴肌だって石頭が成人して段小樓になった途端に弱く情けのない男に成長しているところである。子供の頃とあまりにギャップがあって悲しかったし、それがこの映画の中で納得できない部分である。小樓の妻・菊仙は、女性としての強さを存分に演じている。女は愛するもののためには時代にも逆らうし、エゴイストにもなる。まさに菊仙はそのまんまの女性である。自分と自分の愛するものすべてが幸せなるためには、ダンナである小楼が命として生きてきた京劇の世界でさえ捨てさせるという女性を演じている。
    もちろん、映画の中ではレスリー・チャン演じる程蝶衣に感情移入してしまうために
    菊仙を憎く感じるのだが、その感情を持たせるほどに熱演していると言うことだろう。
    そして・・・・恨んで主人である小楼と離したかった程蝶衣が、阿片に溺れそれから離脱しようと苦しむ姿を見たとき、程蝶衣にさえも愛情を与えてしまう母性には心がジーンときた。
    奇妙な三角関係の間で葛藤する3人の男女。その3人の、三者三様の運命への対峙の仕方。この映画は見事に人間を描ききっている  
    0
      posted by nagi | 映画「さ行」ー(サ) | comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        posted by スポンサードリンク | - | -
        Comments







         
        Infomation
        映画レビューサイト

        独断と偏見で
        映画の紹介と感想を記してます
        トラバ・リンク歓迎

        <検索の注意点>
        「ヴ」→「う」検索
        「The]→「ザ」検索
        Entries
        CATEGORIES
        Comments
        Bookmarks
        Recommend
        映画リンク
        counter
        ブログパーツUL5
        Recommendation
        Others