Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ファーゴ
    FARGO * ファーゴ*
    1996年/米
    監督 :ジョエル・コーエン、コーエン.Br.
    CAST:フランセス・マクドーマンド、スティーブ・ブシェーミ、
        ウィリアム・H・メイシー、クリスティン・ルドリュード、
        ピーター・ストーメア 

    <STORY>
    87年冬。ミネソタ州の自動車ディーラー、ジェリーは、多額の借金を負い、早急に大金を必要としていた。
    彼は妻を偽装誘拐し、妻の父で自動車メーカーの首領から身代金を引き出し、借金返済に回そうと画策。
    自動車整備士から紹介された男に妻誘拐を依頼する。
    依頼された男は、変な顔の男カールと無口な大男グリムスラッドだった。
    ふたりは白昼堂々、ジェリーの妻誘拐を決行。
    しかし誘拐実行中、パトカーの止められ逃げ切れないと考えたグリムスラッドは警官を殺害してしまう。
    だんだん段取りが変わっていき、悪い方へ転がり出す運命。
    <感想> 評価 ★3
    コーエン兄弟監督作品。
    彼らの作品では過去に「バーバー」を見たことがある。
    有名なところで「オー!ブラザー」(ジョニー・クルーニー主演)も彼らの監督作品。
    コーエン兄弟と検索するだけでヒットするほど、彼らは映画監督として有名らしい。
    この作品は、彼らの第6作に当たる。
    本当の悪人を描くのじゃなく、ちょっと先を見れない胆略的な男が、目先の解決を得るために起こした<誘拐>と言う事件。最初のもくろみとは全く違って、どんどん、どんどん最悪のシナリオを進んでいく。なんとも虚しい映画である。
    映像の切り方はすごいなと思う。「バーバー」は薄いモヤのかかったような映像処理だったが、この作品は「白」。
    真っ白な雪に覆われた、荒涼とした街。そういう感性には魅力を感じる。
    個人的には妊娠中の女性警官の演技が良かった。彼女の存在はこの映画には欠かせないと私は思った。
    0
      posted by nagi | 映画「は行」ー(フ) | comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        posted by スポンサードリンク | - | -
        Comments







         
        Infomation
        映画レビューサイト

        独断と偏見で
        映画の紹介と感想を記してます
        トラバ・リンク歓迎

        <検索の注意点>
        「ヴ」→「う」検索
        「The]→「ザ」検索
        Entries
        CATEGORIES
        Comments
        Bookmarks
        Recommend
        映画リンク
        counter
        ブログパーツUL5
        Recommendation
        Others