Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ミリオンダラー・ベイビー
    MILLION DOLLAR BABY  *ミリオンダラー・ベイビー*
    2004年/米
    監督 :クリント・イーストウッド
    CAST:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、
        モーガン・フリーマン
    第77回アカデミー賞 監督・作品賞 クリント・イーストウッド
               主演女優賞 ヒラリー・スワンク
               助演男優賞 モーガン・フリーマン
     

    <STORY>
    ボクシングジムの経営者兼任のトレーナ・フランキー(クリント・イーストウッド)の元に、31歳のボクサー志望の女性:マギー(ヒラリー・スワンク)がやってくる。弟子入りを志願するが、フランキーは女性ボクサーを育てる気などなく、全く取り合わなかった。しかし、彼女の不遇な境遇とボクシングへの真剣な思いを感じたフランキーは、マギーのトレーナーを引き受ける。フランキーの指導のもと、マギーはボクサーとして実力をつけ連戦連勝。チャンピオンの座を狙うまで成長する。1年半後、100万ドルのファイト・マネーを賭けたタイトル・マッチの日がやってきた。だが二人は知らなかった。その先に、どんな過酷な運命が待ち受けているのかを…。
    <感想> 評価 ★3.5
    事前に情報を入れずに観た。観るまでボクシングのスポ根映画だと思っていたが見事に裏切られた。観る価値はあると断言できる。
    クリント・イーストウッドは何を演じてもイーストウッドだがそれでも彼の放つ雰囲気に必ず引き込まれる。モーガン・フリーマンはいぶし銀の存在感で魅せ、主演のヒラリー・スワンクも熱演。リングシーンも迫力があり貧困で無学な31歳の女性がボクシングへの情熱だけでのし上がっていく姿に引き込まれて行った。(冒頭から漂う排他的な雰囲気は何かが起こりそうな予感をさせるが)。ところで、イーストウッドはアイリッシュアメリカンなのだろうか?アイリッシュの原語(ゲール語)が出てきたり、タイトル戦は相手がイギリス人だったり。バックに歴史が見える。アイリッシュ系アメリカ人にはまた違う意味のある映画なのだろう。この映画を見たいと思っている人はここまで。以後は読まないことを勧めます。

    以後、ネタバレ ↓ read moreへ
    0
      中盤以降はボクシングから一転。「生きると言うこと」に焦点が変わる。マギーのボクサーの愛称をフランキーが名付ける。ニックネームは「モ・クシュラ」(Mo Cuishle)この意味がラストにとても大きな意味を持った。「Mo cuishle means "my darling,my blood.”」(私の最愛の人、君は私の血)意味を知った瞬間、胸が詰まった。しかし、職業柄「安楽死」については否定せざるを得ない。「尊厳死」と「安楽死」は違う。ラストの展開は私としては避けて欲しかった。しかし映画としての評価はあるだろう。 
      posted by nagi | 映画「ま行」ー(ミ) | comments(0)
      スポンサーサイト
      0
        posted by スポンサードリンク | - | -
        Comments







         
        Infomation
        映画レビューサイト

        独断と偏見で
        映画の紹介と感想を記してます
        トラバ・リンク歓迎

        <検索の注意点>
        「ヴ」→「う」検索
        「The]→「ザ」検索
        Entries
        CATEGORIES
        Comments
        Bookmarks
        Recommend
        映画リンク
        counter
        ブログパーツUL5
        Recommendation
        Others