Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    Dr.パルナサスの鏡
    THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
     *Dr.パルナサスの鏡*
     
    2009年/英・カナダ
    監督:テリー・ギリアム
    CAST:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、
        ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル
        リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド
        トム・ウエイツ

    drparunasasu.jpg<STORY>
    千年の昔、パルナサス博士は悪魔と取引をし永遠の命を手に入れた。その取引とは自身の娘が16歳の誕生日を迎えたとき、悪魔に娘を引き渡すとこと。時は流れて2007年、パルナサス博士は旅芸人一座としてロンドンにいた。一座の出し物は、見るものを別世界にいざなう魔法の鏡。鏡のむこうではどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。パルナサス博士は何のために人々を鏡の世界にいざなうのか?一座につきまとう悪魔と橋に吊るされていた記憶喪失の青年トニーが加わってその謎が次第に明らかになっていく…。

    <感想> 評価 ★3.5
    ヒース・レジャーの遺作です。本作品撮影中にヒースが急死したため上映を危ぶまれましたが、H・レジャーと親交のあったジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウがH・レジャーが演じるトニー役を演じ完成した作品。
    Storyも展開もテリー・ギリアム監督の世界観でした。設定は2007年。現代なのに、レトロチックな大道芸の屋台が都会にあるミスマッチ感。その屋台が放つ怪しさが時空間さえ惑わせ、シュールで幻想的です。
    こう言う空気感を感じさせる作品に興味を引きます。
    Storyのメインは千年の時を経て、再び悪魔のニックと駆け引きで戦うDr.パルナサスの話なのですが、それよりも鏡に飛び込んだそれぞれの人の幻想の世界や、首つり自殺しているところを大道芸人たちに助けられたトニーの正体、トニーの想像の世界、トニーと娘との関係の方が面白かったです。結局、何が言いたかったの?と言われたら的確に言えないかもしれませんがハッピーエンドで終わる映画です。

    それより何より、ヒースがこの世から去った事が残念でなりません。「ロック・ユー」や「サハラに舞う羽根」、「ブロークバック・マウンテン」の正統派のヒースではなく、ひとクセもふたクセもある「ダーク・ナイト」のジョーカーのようなニヒルで怪しくセクシーなヒースでいっぱいです。この圧倒的な存在感。なのにもうヒースの新しい作品が見れないなんて・・・(涙)
    こんなに残念に思うとは思いもしませんでした。
    撮影の関係なのでしょう。現実のトニーはヒースが。鏡の中のヒースをジョニデ、ジュード・ロウ、C・ファレルが交代で演じているので作品的なクオリティーは下がっていません。逆にジョニデはヒースかと見間違うぐらいの激似。さすがのジョニデです。
    ヒースを好きな方にはぜひ見てもらいたい遺作です。
     
    0
      posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
      SAW
      SAW 此*ソウ 6* 
      2009年/米
      監督:ケヴィン・グルタート
      CAST:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツイ・ラッセル
          マーク・ロルストン、ピーター・アウターブリッジ

      <STORY>
      死してなおジグソウの「ゲーム」は続いている・・・。
      ジグソウの遺志を継いだホフマン刑事は、ジグソウが仕掛けるはずだった「ゲーム」を遂行していた。一方ジグソウの妻ジルはジグソウから遺品として箱を託されていた。その中には封筒が6通。ホフマンはジルの元を訪れ、ジルから5枚の封筒を渡される。その中には計算式に合わせて保険金の支払いを決めていた保険会社の幹部とその関係者たちの写真が入っていた。ホフマンはターゲットに対して「ゲーム」を仕掛けていく。一方、FBI捜査官のエリクソンは、科学的にジグソウの後継者を追い詰めるはじめる。

      <感想> 評価 ★3
      とうとう「SAW」シリーズも6作目。
      ぶっちゃけもう期待感ゼロ。
      「1」が意表をつくいい出来でSAWに魅了されちゃった以上、このシリーズをコンプリートしてやる!って気持ちだけで見続ける私です。

      が、今回は以外と良かったかも?今までの作品と違って軸とするstoryがあるのでわかりやすいのです。「5」で放置されてた謎も一応明らかにされるし、今までのSAWとは違うものだと割り切って観ると、本シリーズは単純で理解しやすい展開でした。
      SAWらしいのは冒頭シーンぐらいなもの。例のごとくあまりのグロさに2割しか見れずでしたがその後は結構直視もOKなあっさりめ。拷問も今回は少なかったような・・・。
      重きをそっちじゃなくゲームの主人公となった保険会社の幹部に置き、人間性にスポットを当てているのでカレが強いられるゲームの意味がハッキリわかる設定でした。
      ラストのラスト(※エンディングが流れ制作者など文字が流れ終わった本当のラスト)に
      数秒の映像が入っていました。その映像を見る限りまだ次作がある感じ。
      いやはやもう十分ですよね。ウワサじゃ「7」決定でしかも3D映像だと言うじゃありませんか!3Dなら映画館じゃなきゃ意味なしでしょー(涙)そこまでする必要があるのかよ?とツッコミながらも「7」出来れば観ますよー、そりゃ。
      今や目標はシリーズコンプリートです(爆)


      前作「5」がワケがわからない事が多く、何が言いたくて、何の目的で誰がジグソウの意思を継いでるのかもう1つわかりにく作品だったけれど、本作では明らかにされています。「5」は「6」への前フリだったようです。

       

      0
        posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
        SAW 5
        SAW 5
        2008年/米
        監督:ディヴィッド・ハックル
        CAST:トビン・ベル、コスタス・マンディラー、スコット・パターン

        <STORY>
        九死に一生を得て助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームから生き残ったホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑う。一方、生前にジグゾウが弁護士に預けた遺言と、遺品を見て衝撃に襲われるジグゾウの元妻、ジル。場面は変わり、ある部屋の一室。コンクリートの床の上で5人の男女が目覚めると、犬の首輪に繋がれ、V字型の大きな刃がセットされていた・・・。

        <感想> 評価 ★2.5
        ソリッド・シチュエーションスリラーの先駆けとなった「SAW」シリーズの第5弾。
        「4」の時点で(もういいやろ)と思いつつも「5」が出たならばやはり見逃すわけにはいかないと思わせる魅力がまだ尚ある。

        過去シリーズに比べて残虐な処刑シーンの数は減ったものの直視出来ない”痛〜いシーン”、目を背けてしまうような映像シーンは健在。今回は過去と比べてストーリーが重視されている感じです。
        アマンダが死に、ジグソウが死んだ後に誰がこのゲームを続けているのか?と言う部分については本作で明らかにされています。しかし、残されたままの「謎」や、新たな「謎」になったジグソウが妻に残した遺言と箱の内容と中身などは放置のまま終わり。
        と、言うことは「6」もありと言うことだろうけど、そもそも「1」で受けた「SAW」独特の魅力である「衝撃や一種のワクワク感」は全くなくなってしまい、路線が変更された脚本・映像展開になってしまっているのに、コレ以上このシリーズを続ける意味があるのかな?と思ってしまいます。
        とは言え、「SAW」をここまで見た以上、「完結」を見て終わりたい!
        「6」をファイナルに!
        もしくは「1」を越える新しい展開が出来るなら見せてもらいたいものです。
        0
          posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
          PS.アイラブユー
           P.S. I LOVE YOU *P.s. アイラブユー* 
          2008年/米
          監督・脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ
          CAST:ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー
              キャシー・ベイツ、ハリー・コニックJr.
              ジェフリー・ディーン・モーガン

          <STORY>
          ホリーは、最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で亡くしてしまう。仕事も休み、家に閉じこもり悲嘆にくれるホリーのもとに、ジェリーからの贈り物とテープレコーダーが届く。テープには亡きジェリーの声で「これからホリー宛てにいろんな手段で僕から手紙を送るから、僕の手紙の指示に従って」と録音されていた。

          <感想> 評価 ★3.5 
          29歳の若さで、最愛の夫を失うことの残酷さ、理不尽さからゆっくりと再生していくStory。ラブストーリーに分類されるのかも知れませんが、ヒューマンものとも言えるかも知れません。
          愛らしい性格のホリーをH・スワンクが好演。「死」を扱った重い題材を、J・バトラー演じるジェリーの天然の明るさとユーモア、溢れるほどの深い愛情で、明るくさわやかに描きつつ、ゆっくりと一歩ずつ新しい人生を歩きだすホリーの1年を見せてくれます。ホリーを囲む家族、友人の愛情も伝わり、心が温かくなりました。
          「亡き夫からの手紙が届く」・・・ドラマテックなことだけど、その手紙を待ちわびる気持ちも、手紙が届くたびに彼がいないこと実感し、たとえようのない寂しさに襲われる気持ちも、新しい未来へ歩き出さないとイケナイとわかっていても動けない自分への苛立ちも、ホリーの感情が伝わり切なかったです。
          「死」に限らず、人生には思いもかけない局面が何度かやってきます。逃げ出したくなったり、放り投げたくなったりするけれど、それでも人生は続きます。最近私は、その局面をどのようにして越えていくかが人生の課題なんじゃないかと思うようになってきました。
          この作品のように、焦らずにゆっくりでいいから再生していければいいなと思います。

          さて、この映画には原作があります。アイルランド出身の作家セシリア・アハーンの同名小説です。この小説は世界40ヶ国以上でベストセラーとなったそうです。
          映画の中にもアイルランドの素晴らしい自然が何度も登場します。アイルランドに行ってみたくなりました。いつか行きたいな。

          個人的には「グレイズ・アナトミー2」のイジーの彼で、心臓移植後亡くなったデニー役をしていたジェフリー・ディーン・モナハンがあの優しいまなざしで出演していたのが嬉しかったです。
          0
            posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
            ONCE ダブリンの街角で
            ONCE *ONCE ダブリンの街角で*
            2006年/アイルランド
            監督:ジョン・カーニー
            CAST:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ
            第80回アカデミー歌曲賞受賞

            <STORY> 
            ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男は、ある日、チェコ移民の女と出会う。ひょんなことから彼女にピアノの才能があることを知った男は、自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに。すると、そのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり……。

            <感想> 評価 ★3
            07年のサンダンス映画祭から評判が口コミで拡がり、アメリカでは当初は2館のみ上映だった作品が、140館まで広がったと言う話題の作品をやっと見ました。
            映画と言うより、どこの街にでもいるような男女が偶然出会い、惹かれ合い、未来に向き合おうとする姿を自然に撮った作品で、見終わった時にはやわらかな気持ちに満ちました。
            音楽と言うものの魅力を存分に出した作品です。
            主役のストリートミュージシャンは「The Flames」のボーカル。監督も「The Flames」の元ベーシストだそう。その上、チェコ移民の女性もミュージシャン。本物のミュージシャンが感情を歌にすることが主題の作品なので、やはり心に響くものがあります。
            若い男女ではなく、互いに過去にツライ経験があり、背負うものがあるもの同士。けれど現実から逃げずに人生と向き合う方向でエンディングを迎えます。
            ラブストーリーですがキスシーンも愛の告白さえもありません。だけど、それが切なくて、よりリアルで良かったです。

            0
              posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(3)
              SAW ソウ
              SAW *ソウ*
              2004年/米
              監督 :ジェームズ・ワン
              原案・脚本:リー・ワネル
              CAST:ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローバー、
                  モニカ・ポッター、リー・ワネル

              <STORY>
              老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、アダム(リー・ワネル)とゴードン(ケアリー・エルウェズ)。どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体が転がっている。全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、テープレコーダーとテープ、一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ。テープを再生すると、生き残りたければ、6時間以内に相手を殺さなくてはならないと告げる声が。いったい誰が何のために?そして、なぜ、彼ら2人なのか...。
              <感想> 評価 ★4.5
              映画のコピーは「セブンより怖い、CUBEよりおもしろい」だと言う。
              雰囲気的にはコピーのごとく「CUBE」「SEVEN」「es」系列。好みの密室・猟奇殺人・錯乱状態。
              この映画、オーストラリア出身のジェームズ・ワン監督と俳優であり原案・脚本を書いたリー・ワネルふたりが中心となり低予算映画で仕上げたと言う点では良くできているし、次作を期待できる作品だと思う。

              以下ネタバレ含む為 注意
               
              0
                Read more ...
                posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
                SAW2 ソウ2
                SAW 2 *ソウ 2*
                2005年/米
                監督 :ダーレン・リン・バウズマン
                製作総指揮:ジェームズ・ワン、リー・ワネル
                CAST:トビン・ベル、 ティム・バード、ジョン・ファロン、
                    フランキーG、エリック・ナドセン、
                    ダイナ・メイヤー 

                <STORY>
                目覚めたら出口の無い館に閉じ込められていた8人の男女。彼らは何かの目的の為にジグソウに拉致された8人だった。ジグソウは言う「新しいゲームの始まりだ」と。ゲーム開始と共に遅効性の毒ガスが館内をめぐっていく。2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入り注射器を手に入れないと死んでしまう。8人の男女は注射器を手に入れられるのか?一方、刑事エリックはジグソウを捕まえる。しかしジグソウはエリックと2人で話をすることを要求。監禁されている8人の中にエリックの息子がいた。驚愕するエリックは、ジグソウに詰め寄る。
                <感想> 評価 ★4
                スケールアップした【ソリッド・シチュエーション・スリラー】驚愕のエンディングが待ち受ける
                1作目と雰囲気が違うのは監督が違うからだろう。前作の監督・原案・脚本のジェームズ・ワンとリー・ワネルは製作総指揮にまわった。と言うワケで前作のような斬新さは感じられなかったが100分でまとめあげているところや恐怖感が持続したままラストの衝撃まで持ってくるあたりはGood。「CUBE」のような雰囲気も漂っているのでこの手のスリラーが好きな人は必見!「SAW」を見てから「SAW2」を観る方がより楽しめると思う。
                ネタバレしちゃうと楽しめない。最後に一言。「ジグソウは最前列で観るのがお好き」。


                以下ネタバレ含む為 注意

                0
                  Read more ...
                  posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
                  SAW3 ソウ3
                  SAW 3 *ソウ3*
                  2006年/米
                  監督 :ダーレン・リン・バウズマン
                  製作総指揮:リー・ワネル、ジェームズ・ワン
                  CAST:アンガス・マクファーデン、ディナ・メイヤー、
                      バハー・スーメク、ショウニー・スミス 

                  <STORY>
                  Storyは「SAW2」の結末から始まる・・・。バスルームに監禁され左足枷され助けを求め続ける刑事・エリック。しかし、彼の声は誰にも届かない。場面変わってある事件の現場検証に向かうケリー。今回の事件はジグソウの仕掛けのように見せているが手口が違うことに気付く。「ルール」が存在しないのだ。その夜、ケリーは自宅で何者かに襲撃され気付くと両手を鎖に縛られ、硫酸に入ったビーカーが目の前に。ビーカーの中の鍵を取り出し脱出せよとテープが流れる。
                  <感想> 評価 ★3
                  斬新なトリックと壮絶で残酷な描写でヒットしたソリッド・シチュエーション・スリラー「SAW」の第3弾。前作2作よりも、よりグロテスクにパワーアップ。前作との違いはStory性を持たせているところ。前作の謎やトリックについて説明しているので前作を見ていないと楽しめないだろう。3作品共に100分前後とコンパクトにまとめているところは評価出来る。

                  さて本作だが、のっけから直視出来ない映像で始まる。シリーズの中で1番残虐で残酷。前作までは「ナゼ?」「誰が?」と言う謎で最後まで引っ張り、鮮やかに騙すと言う手法だったが、今回はジグソウ・アマンダの存在がバレている以上、ナゼ事件を起こしたのかの説明が必要だったのかも知れない。前作と違ってStoryで押してきたワケだが私的には今更説明する必要などなかったと思った。
                  「SAW」は今注目のソリッド・シチュエーション・スリラーの先駆けとなった上、低予算で無名の監督・俳優起用で大ヒットした映画。観ているものを騙すトリックのすばらしさが光った作品だった。しかし、「3」はグロに偏ってしまった気がする。 
                  0
                    posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
                    SAW4 ソウ4
                    SAW 4  *ソウ 4*
                    2007年/米
                    監督 :ダーレン・リン・バウズマン
                    CAST:トビン・ベル、スコット・パターソン、
                        ベッツイ・ラッセル、コスタス・マンディラー、
                        リリク・ベント、アスィナ・カーカニス、
                        コスタス・マンディロア 

                    <STORY>
                    ジグソウと弟子のアマンダが死に、ホフマン刑事はジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと必死になっていた。そのころ、ジグソウにかかわり、唯一生き残ったSWATのリグス指揮官が、新たなゲームに強制参加させられ、90分以内に罠をクリアしなければ旧友の命はないと告げられる。ゲームは始まった。
                    <感想> 評価 ★3.5
                    ソリッド・シチュエーションスリラーの先駆けとなった「SAW」シリーズの第4弾。
                    のっけから直視できないグロい映像の大放出!
                    ある臓器からあるものが出てくるんだけど、ぶっちゃけそのシーンを見逃してしまうほどに私は画面を見ていなかった(笑)

                    「4」は今までの事件も踏まえ、ジグソーと化す前のジョンと言う人間に焦点を当てている。
                    過去にゲームに参加させられた被害者の相関関係も見えてくるのだけれど、過去3作をしっかり憶えてなかったんで、(あれ?これ誰だっけ!?)と理解できないまま話が進み〜と言う残念な部分も。
                    マジで理解されたい方は過去3作、きっちり押さえて観た方が本当の面白さ、驚きを味わえるだろう。
                    そんなワケで、過去3作に比べ、本作が1番理解しにくかった。と言うのも、時間軸のカラクリが複雑になっているからだ。
                    本来、「SAW」は限定された空間・限定された人物・限定された条件の中で、人が思いも寄らない事をやってしまい、どエライことになる・・・と言う驚きと人間の恐怖を感じるシリーズだったはず。さすがに「4」まで来ると、その設定ではムリと言うことなんだろう。
                    でも、冒頭の鎖に繋がれた男ふたりの設定なんかは、良くできていたと思う。
                    もちろん、機械仕掛けの処刑装置は「4」でも健在。
                    で、どうやら見終わった時にこれでゲームオーバーな空気を感じられなかった。
                    ジグソーもアマンダも死んではいるんだけど。
                    「5」あるんでしょうか?観るのかな?私(笑)
                    0
                      posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
                      CUBE

                      CUBE  *キューブ*
                      1997年/カナダ
                      監督 :ヴィンチェンゾ・ナタリ
                      CAST:モーリス・ディーン・ウィント、ニコール・デボアー、
                          ニッキー・ガーダグニー

                      <STORY>
                      密室スリラー。ある日突然、いくつもの立方体の部屋が集まる異空間に監禁された6人の男女。
                      脱出を計る彼らを一触即発の殺人トラップが待ち受ける

                      <感想> 評価 ★3
                      カナダの新鋭監督、ヴィンチェンゾ・ナタリ。
                      レンタルビデオ店でもレンタル回数上位であり、映画仲間の間でもかなり評判の映画。
                      興行成績が高かった映画でもないのだが、映画の魅力は十分ある。
                      理由もなくキューブの中に入れられた6人に息つく暇もなく襲いかかるトラップがTVゲームのようで一気に引き込まれた。有名な俳優が出ているワケでもないのに鬼気迫る6人の表情、感情、動作がすごいのだ。見終わったあとのこの奇妙な気持ちは何だろう。ゲーム感覚で展開されるその世界で感じる人間の悲しさ不安定な精神を思い知らされる映画である。
                      6タイプの人間を映画内で描かれているだけに自分はどれかのタイプに少々似ている事に気づくだろう・・。
                      その自分のタイプに近い人間が陥る状況は・・・・悲しいが うなづけたりして・・・


                      0
                        posted by nagi | 映画「英数」-(abc) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others