Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    誘拐犯
    THE WAY OF THE GUN *誘拐犯*
    2002年/米
    監督 :アダム・シャンクマン
    CAST:ジョン・トラボルタ、ニッキー・ブロンスキー、
        ミシェル・ファイファー、ザック・エフロン、
        クリストファー・ウォーケン、クィーン・ラティファ

    <STORY>
    ロングボーとパーカーは、チダック夫妻の代理母を依頼された妊婦のロビンを誘拐し、身代金を要求。ところが、チダックは裏社会のボスだった!チダックの命を受け、動き出した刺客たちに逆に命を狙われるはめになった二人は、出口のない袋小路へと追い詰められていく・・・。
    <感想> 評価 ★3
    題の「The way of the gun」を直訳すると「これが生きる道」。邦題の「誘拐犯」よりよほど魅力的な題名。
    秀作映画とは言えないが、チンピラのはず(!?)のベネチオ・デル・トロと、ライアン・フィリップが素晴らしいコンビネーションで、殺し屋とガンガンに撃ちまくる銃アクションを見せてくれる。特にラストのメキシコ・パティオでの銃撃戦は見応え抜群。
    デル・トロはやっぱりいつでも渋くて素敵♪対照的に、ライアン・フィリップくんは美形の甘いマスク♪
    しかし、そのふたりに負けず劣らずいい味を出しているのが、年老いた殺し屋・用心棒ジョージ役のジェイムズ・カーン。
    もうすっかり老人になってしまったジェームズ・カーンだが、老人の殺し屋は、派手な脅しや素早い身の動きはないものの、ジワジワとベネチオ・デル・トロ達を追いつめていく。
    久々のジュリエット・ルイスも変わらずの演技力。妊婦をリアルすぎる程表現。母は強しである。
    ベネチオ・デル・トロのファンやメキシコが出てくる映画、銃撃戦のアクションものが好きな方には見る価値あり!
    また、この映画の脚本・監督は、クリストファー・マックリーで、彼は「ユージュアル・サスペクツ」の脚本家であり、
    アカデミー賞脚本賞を受賞した監督である。
    0
      posted by nagi | 映画「や行」ー(ユ) | comments(0)
      ユー・ガット・メール
      YOU'VE GOT MAIL *ユー・ガット・メール*
      1996年/米
      監督 :ノーラ・エフロン
      CAST:トム・ハンクス、メグ・ライアン

      <STORY>
      小さな児童向け書店を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)には恋人がいて、それなりに幸せに暮らしている。 ただ、その恋人はコンピューターが嫌いな人。 なんだか気持ちが通じてないような寂しい気持ちを抱えてる。 キャスリーンは、「Shopgirl」というHNでチャットを楽しみメール交換をしている「NY152」がいた。意気投合したふたりは、会うことになるのだが・・・。
      <感想> 評価 ★3
      「めぐり会えたら」の監督スタッフで作り上げたラブコメディ。
      インターネットを使っての映画はむずかしい(言葉を打つのが文字だから)部分を工夫で乗り越えた作品と言えると思う。メグ・ライアンはやっぱりチャーミング。気楽に見れます。
      0
        posted by nagi | 映画「や行」ー(ユ) | comments(0)
        ユージュアル・サスペクツ
        THE USUAL SUSPECTS *ユージュアル・サスペクツ*
        1996年/米
        監督 :ブライアン・シンガー
        CAST:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、
             ケヴィン・ポラック、ケヴィン・スペンシー、
             ベネチオ・デル・トロ、チャズ・パルミンテリ
            ピート・ポスルウェイト
        1995年 アカデミー賞 助演男優賞=ケヴィン・スペンシー 

        <STORY>
        ある夜、カリフォルニアのサン・ペドロ埠頭で船の大爆破が起きた。
        コカイン取引現場からブツを奪おうとした一味と犯罪組織との争いかららしい。
        27人が死亡、9100万ドルが消えた。生き残ったのは2人。乗組員のハンガリー人。
        しかし彼は重傷でベッドから動けない。もうひとりは、無傷で生き残った身体障害者のヴァーバル・キントだった。
        関税特別捜査官デヴィッド(チャズ・パルミンテリ)は、キント(ケヴィン・スペイシー)から話を聞き出そうとする。
        話は6週間前の事件からさかのぼることになり、キントの告白で勧められ、徐々に真相が明らかになってゆく。
        キートンは本当に死んだのか?伝説の大物ギャング、カイザー・ソゼとは何者でどこにいるのか?
        そして、事件の真相とは果たして何なのか?すべて(謎)の映画である
        <感想> 評価 ★4.5
        映画好きは絶対に高い評価をする映画と言って良いと思う。とにかく(謎)とひっかけの映画。
        映画の前半から結論を導き出せる複線がちりばめられているけれど、ソレらにすべて気づくのは無理だろう。
        圧倒的なスペイシーの演技に引きこまれました。キーワードは 「そしてフッと消えた」。これは名文句。
        ※ 脚本はクリストファー・マックリーで、アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。
        0
          posted by nagi | 映画「や行」ー(ユ) | comments(0)
          ユナイテッド93
          UNITED 93 *ユナイテッド93*
          2006年/米
          監督 :ポール・グリーングラス 

          <STORY>
          2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センタービルに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。本作はこのユナイテッド航空93便に焦点を当て、綿密な取材の基に忠実に再現したサスペンス・ドラマ。
          <感想> 評価 ★no Judgment
          9.11同時多発テロ。WTCビルに旅客機が突っ込む映像は今も目に焼き付いて離れない。衝撃的だった。湾岸戦争の爆撃映像よりも。まるで映画のようで現実のことと思えないほど。
          のちに明らかになった旅客機同時4機ハイジャックの事実。本作品は唯一ターゲットを破壊できず墜落したユナイテッド93の飛行機からの通話記録や管制塔とのやりとりからそのときの状況をリアルに映像化したドキュメンタリー作品。
          あれだけ同時多発テロのニュースを見ていたのに、ユナイテッド93が目標を達せずに墜落したのは犯人のミスだと思っていた。この映画で事実を知った。もう少し早く、勇気を出してハイジャック犯と戦っていたら助かったかも知れないと思うとむなしくなる。
          テロ組織のメンバーがハイジャック中に何度も「神よ、私をお導きください」的な祈りの言葉を呟くシーンが出てくるのだが、ナゼ神に祈りながらテロ行為をしたのだろう。テロリズムの根底にはいつも宗教が絡むことが虚しい。
          0
            posted by nagi | 映画「や行」ー(ユ) | comments(0)
            ゆれる
            ゆれる
            2006年/日本
            監督 :西川美和
            CAST :オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、
                 真木よう子、蟹江敬三、木村祐一

            <STORY>
            東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔と再会する。翌日、兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に足をのばす。ところが、川に架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう。その時、そばにいたのは稔ひとりだった…。
            <感想> 評価 ★4
            映画に流れる空気感がたまらなくいい。1つ1つの場面、背景までとても丁寧に作られていて、そのすべてに意味があるように感じられ、見入った。映画の持つ感情が私と同調した気がする。
            田舎町の閉塞感を私は知ってる。兄弟(姉妹)、血を分けたものに対する複雑な感情がわかる、そして喪失感さえもわかる気がした。映画の中にはいろんな≪ゆれる≫が存在していて私の感情もまさに≪ゆれた≫。実家を、両親を、ガソリンスタンドを守ることで生きてきた兄、稔。閉塞感、束縛感から逃げることで生きる意味を見つけた弟、猛。上手に描いていたと思う。
            この映画は、吊り橋から幼なじみの智恵子が転落死する事件か?殺人か?を中心に作られているが、兄弟と言う存在を語っている作品だ。
            映画の冒頭、カメラマンとして「ギョーカイ」で生きてるオダギリジョーが会社のマネージャー風の女性にキスするシーンを見た時は、それだけでオダギリジョーにメロメロになりかけたが、一転、田舎町で必死に自分をつくって生きてる香川照之を見て切なくなってしまった。ガソリンスタンドで「オーライ!オーライ!OK」って叫ぶ声・・・ナゼかグッと・・心にきたりして。

            ※ノベライズ本「ゆれる」も読んでいたが先に読んでいて良かったかなと思う。
             ノベライズ本「ゆれる」についてはコチラ
            0
              posted by nagi | 映画「や行」ー(ユ) | comments(0)
              Infomation
              映画レビューサイト

              独断と偏見で
              映画の紹介と感想を記してます
              トラバ・リンク歓迎

              <検索の注意点>
              「ヴ」→「う」検索
              「The]→「ザ」検索
              Entries
              CATEGORIES
              Comments
              Bookmarks
              Recommend
              映画リンク
              counter
              ブログパーツUL5
              Recommendation
              Others