Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
    THERE WILL BE BLOOD *ゼア・ウィル・ビー・ブラッド*
    2007年/米
    監督 :ポール・トーマス・アンダーソン
    CAST:ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ

    <STORY>
    20世紀初頭、鉱山で働くダニエル・プレインヴューは石油を掘り当てる。そこから彼の人生が動き出し、カリフォルニアで石油採掘事業を始める。野心家のダニエルは幼い一人息子H・Wを連れて試掘をかさね、順調に油田を築いていった。ある日、ダニエルのもとをポールと名乗る青年が訪ね来て「自分の農場の下に石油がある」と話す。その農場に息子と共に出向いたダニエルは大きな油田を発見するのだった。
    <感想> 評価 ★3
    2008年アカデミー賞、主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス)と撮影賞を受賞した作品。

    私はアカデミー受賞作品とは相性が合わない上、石油採掘により富みと権力を得たダニエル・プレインビューの実話と言うことで、過度の期待はせずに、ダニエル・デイ=ルイス見たさに鑑賞。

    ダニエル・デイ=ルイスはやっぱりスゴイかった。
    彼がプレインビューを演じたからこそ158分もの長編映画を観ることができたと思う。
    想像通り、脚本として不要な盛り上げを作らず、忠実に作り上げた作品と言う感じで、重油まみれの男が懸命に石油を掘り当てる場面が続く序盤では、この調子で2時間半か・・・と覚悟もした。しかし、映画の中でずっと流れる不安感と緊張感を煽るBGMが意外にも映画の魅力を引き立て、油田に命をかけるプレンビューの姿、富みと権力だけあれば人との関わり合いなど不要だと言いながら、弟や孤児(だったらしい)息子への彼なりの愛情を絡めて話しは進んでいく。
    プレインビューの持つ「強欲」と対比させて、神を崇める宣教師:イーライ・サンデーの存在がおもしろかった。信者からの崇められたくて派手なパフォーマンスをする姿は閉鎖的で貧しい村を汚染するようで見ていて不愉快。やっぱり私は無宗教で良かった思ってしまった。

    映画としてはおもしろみはないし、暗くて重い作品だけど、ダニエル・デイ=ルイスを久々に堪能できたと言う部分では観て良かった作品でした。
    0
      posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
      セクレタリー
      SECRETARY *セクレタリー*
      2002年/米
      監督 :スティーブン・シャイバーグ
      CAST:マギー・ギレンンホール、ジェームス・スペイダー、
          ジェレミー・ディヴィス 

      <STORY>
      リーは自傷癖を持つ内向的な女性。社会復帰を目指す彼女はエドワード・グレイ弁護士事務所の秘書に雇われる。温厚な雰囲気のグレイだが、日増しに態度が変化。タイプミスに赤丸をつけて何度もタイプをさせたり、服装や電話応対の仕方を細かに指導する。それに素直に従うリーにグレイは益々サディスティックな教育を施していく。リーはサディスティックな行為に興奮すると言う性癖を自覚。グレイを愛するようになって行く。またグレイもリーを愛するが自分のサディスティックな行為を<恥>と認識しているグレイはリーを遠ざけはじめ、解雇を言い渡す。奇妙な二人の主従関係、いったいどこへ着地する?
      <感想> 評価 ★3.5
      2002年サンダンス国際映画祭でクセモノ審査員の度肝を抜き、その卓越した「オリジナリティ」に対して審査員特別賞を受賞した作品。
      「秘書」、「SM」・・・形容する言葉が過激なのでエロ映画を期待するだろうが、違う。奥の深い純愛映画だろう。過激な描写もあるが、ふたりの真剣な態度でコミカルに見ることが出来る。
      不仲の両親の元で育ち、内向的で全てに自信のないリーは心の不安を自傷行為で紛らわし、エドワードは自分の欲望や性癖を素直に認められず思い悩んでいる。しかし、互いの性癖に触れ、惹かれはじめる。リーはもっと理解しあいたいと積極的になるが逆にエドワードは逃げてしまう。彼は自分の性癖を「恥」「悪」と思っていて、弁護士として社会的立場と性癖とのバランスが取れないことに苦悩しているのだ。その、ジレンマを抱える役をジェームズ・スペイダーはパーフェクトに演じている。また、マギー・ギレンホールも自分に自信のない猫背のイモっぽい女性からセクシーな自信溢れる女性へと素晴らしい変化を見せる。ハマリ役だろう。
      SM・・・アングラな世界であることに「恥」を感じ、自分に自信を持てなかったふたりが奇跡的に出会い、互いを解放し分かち合って行く姿はまさに「愛」そのものなんだと思った。想像したより見応えのある作品だった。
      0
        posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
        セックスと嘘とビデオテープ
        SEX,LIES,AND VIDEO TAPE *セックスと嘘とビデオテープ*
        1989年/米
        監督 :スティーヴン・ソダーバーグ
        CAST:ジェームス・スペイダー、アンディ・マクダウェル、
            ピーター・ギャラガー、ローラ・サン・ジャコモ
        1989年 カンヌ映画祭グランプリ受賞
             主演男優賞(ジェームス・スペイダー)
         

        <STORY>
        一見、何不自由ない理想の夫婦生活を送るジョンとアン。しかし、アンはいつの頃からか身体が無意識に夫を拒否するようになり、言い知れぬ不安と焦燥に駆られる日々を過ごしていた。そして夫のジョンは、実はアンの妹・シンシアと不倫関係にあった。そんなある日、ジョンの大学時代の友人グレアムが彼らの家を訪ねてくる。グレアムにナゼか惹かれるアン。でもグレアムは実は性的不能者で、自己のセックス観を赤裸々に語る女性たちの姿をビデオテープに撮影するのをひそかな趣味としていたのだ。それを知ってアンは驚くが、夫と妹の関係を知ってグレアムの元を訪ねる。
        <感想> 評価 ★3
        新人監督S・ソダーバーグ26歳の時に本作品でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールをはじめ数々の映画賞に輝き、彼の才能と名声を一躍、世界中に知らしめた作品。
        ビデオでトモダチ数人と18歳の時に題名に興味を抱いて見たのだが期待するような事は一切なく(笑)その上、まどろっこしい対話映画に全く意味がわからず終わったと言う映画だったが、今、再び見る機会を得、思う。本作は熟さないと理解できない繊細な心理描写が基本の映画だったんだ。と。
        ソーダバーグ監督は26歳で本当に私が感じたような事を伝えたかったんだろーか?そこには疑問が残るもののジェームス・スペイダーは素晴らしい。この作品は彼の配役で成功したんだと思う。
        0
          posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
          セッション9
          SESSION 9 *セッション9*
          2002年/米
          監督 :ブラッド・アンダースン
          CAST:ピーター・ミュラン、ディヴッド・カルーソー、
              スティーブン・ジェブド、ジョシュ・ルーカス、
              ブレンダン・セクストン 

          <STORY>
          19世紀後半。当時最も美しい建物として注目されたダンバーズ精神病院には、人員をはるかに超える患者が収容され、現在は禁止されているショック療法やロボトミーが行われていた過去がある。1985年に閉鎖され廃墟となっていたこの建物が公共施設に改修されることになり、ゴードンら5人の男が仕事に取りかかる。当時の面影を不気味に残す広大な「城」で、信頼し合っていた男たちの間に奇妙な溝が生まれ始める。だが、その時すでに狂気は幕を開けていた…。
          <感想> 評価 ★2
          元々心霊スポットとして有名だった廃墟を題材にした映画。
          もっとオカルト・ホラー色が強い映画かと期待!?してたけど、盛り上げるだけ盛り上げておいて「そのオチですか?」的なガックリ感は否めなかった。
          いい題材使ってる訳だしStory展開もかなり恐怖を感じさせるんだからもうちょっと最後考えて欲しかったかな〜。
          ミニシアター系の映画に多い結末ガックリ型。だけど、たまにおもしろいのに当たるから見るのをやめられない。
          0
            posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
            セブン
            Se7en *セブン*
            1995年/米
            監督 :デヴィット・フィンチャー
            CAST:ブラッド・ピッド、モーガン・フリーマン、
                グィネス・パウトロウ、ケヴィン・スペンシー 

            <STORY>
            退職間近のサマセット刑事のもとに、ミルズ刑事が赴任。
            時期を同じくして連続殺人事件が起こる。肥満男がスパゲッティーミートソースの皿の中に顔を埋め死亡していた。
            肥満男の部屋の壁には「GLUTTONY(大食)」という意味深な文字が書かれていた。続けて第2の事件が起こる。被害者は弁護士。今度は壁に「GREED(強欲)」の文字が残されていた。
            サマセット刑事はこの事件は、犯人が「キリストの七つの大罪」になぞらえて、殺人を犯しているのではないかと考察する。
            ひたすら陰湿な画面の中に、想像力をかきたてるストリーを織り込んだサイコ・サスペンス
            <感想> 評価 ★4
            公開当時映画館で観た。観た当時、もう絶対観たくないと思ったが何度もTV放映されるたびに観てしまう。今となれば良く出来たサイコサスペンス映画だと思う。
            ケヴィン・スペンシーが演じる猟奇殺人犯はどこかがイッちゃっていて小首を傾げるクセに鳥肌が立つような恐怖感がある。この作品でケヴィン・スペンシーにハマり、彼の作品を観まくった。
            また、あまり好きじゃなかったブラピだったが、この映画で私の評価があがった。ラストシーンの、ブラピが慟哭するシーンはこの映画の印象的でかつ、大切なシーンだろう。
            ブラピファン、サイコファンにはかなりお薦め。
            ちなみに「キリストの七つの大罪」とは、大食・強欲・憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠惰の7つのこと。
            0
              posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
              セルラー
              CELLULAR *セルラー*
              2004年/米
              監督 :デイヴィッド・R・エリス
              CAST:キム・ベイシンガー、ジェイソン・ステイサム
                  クリス・エヴァンス、ウィリアム・H・メイシー 

              <STORY>
              夫と息子の3人で幸せな毎日を送っていた高校の生物教師ジェシカ。そんなある日、いつものように息子を学校へ送り届け帰宅した彼女を、突然侵入してきた数人の男たちが乱暴に連れ去ってゆく。そのまま、どこかの家の屋根裏に監禁されるジェシカ。リーダー格の男イーサンは部屋にあった電話をハンマーで叩き壊すと、彼女を残し立ち去るのだった。いずれ確実に殺されると悟った彼女は理系の知識を活かして壊された電話のコードを接触させ、外への連絡を試みる。やがてそれは、ライアンという青年のケータイに繋がるのだが…。
              <感想> 評価 ★3
              期待しないで見始めたけど、いやいや、面白かった。
              現代社会においてかけがえのない存在となった「ケータイ」「ムービー(動画)」を上手に映画に取り入れた作品。
              トラブル巻き込まれ型の展開でStoryが進むのだが、巻き込まれた軽い男、ライアンと同じく観てる私もナゼ誘拐されたのか、誰に誘拐されたのか不明なところがミソでどんどん話に引き込まれた。ところどころにクスッと笑えるようなネタを仕込んであるところもオツ(息子の名前がリッキー・マーティンだったり)。適度なところで「ナゼ」が判明し、後半はライアンと一緒にハラハラドキドキを楽しめる。98分と言うスキッとした時間で仕上げたところも良かった。
              ライアン役のクリス・エヴァンスはこれから要注目俳優です。
              0
                posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
                セブン・イヤーズ・イン・チベット
                SEVEN YEARS IN TIBET *セブン・イヤーズ・イン・チベット*
                1997年/米
                監督 :ジャン・ジャック・アノー
                CAST:ブラッド・ピット、デヴィット・シューリス

                <STORY>
                1939年、オーストリアの登山家ハラーは、アウフシュナイターと共にヒマラヤ登頂を目指して旅立った。しかし雪崩によって踏破を断念。折しも第2次世界大戦が激化。インドで捕らえられたハラーたちは捕虜収容所送りとなる。脱走した2人は逃避行を続け、禁断の聖地チベットのラサにたどり着く。
                歴史に巻き込まれていく激動のチベットに滞在した7年間、若き日のダライ・ラマとの魂の交流を描いたロマン溢れる感動の一大叙事詩。
                <感想> 評価 ★4
                未知の国:チベット。当時のチベットと言う国、国民の姿をこの作品を通して知ることができるほど、きちんと向き合って作った作品でした。
                ブラピ扮するハラーが人間としてだんだん成長していく課程がしっかりと描かれています。
                チベットと中国の間にこんな歴史があったことを知らずにいた私はそう言う意味で勉強になりました。また、ハラーが少年ダライ・ラマとの交流するところが非常に良かったです。以前、「ラストエンペラー」に深く感動した時の感覚が蘇った感じ。チベットという事で神秘的で美しく心に残り、音楽も壮大な感じで素晴らしい作品でした。
                0
                  posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
                  セレブの種
                  SHE HATE ME  *セレブの種*
                  2004年/米
                  監督 :スパイク・リー
                  CAST:アンソニー・マッキー、ケリー・ワシントン、
                      エレン・バーキン、モニカ・ベルッチ

                  <STORY>
                  エイズの特効薬の開発会社に勤めるジャックは、一流大学を出て管理職として活躍するエリート。しかし企業の不正を知り、内部告発をしたことから会社をクビになり、無一文になってしまう。そんな彼の弱みを知って、かつての婚約者で今はレズビアンの彼女がいるファティマが、彼に「種付け」の依頼をしにやってくる。嫌々ながらも、ファティマに未練があるジャックはそれを引受けた。ところがその噂が広まり、1回1万ドルという高額な報酬と引き換えに、子供が欲しいレズビアンたちがジャックのもとへ次々と押し寄せて来る。
                  <感想> 評価 ★3.5
                  DVDの新作情報でこの作品を知った時、エロテックシーンにあえぎ声、「女が求めるのは、超一流の遺伝子」のキャッチコピー。その上、邦題が「セレブの種」と紹介されたので、てっきりお下劣なB級映画か?と思ったのだが監督が「25時」「インサイドマン」のスパイク・リーだと言う。スパイク・リーならB級作品ではないだろうと鑑賞。
                  結果、新作情報で描かれているイメージとは全く違う硬派な社会派映画だった。そりゃ、そうだ。スパイク・リーが監督なんだから。
                  スパイク・リーらしい企業の不正、内部告発、人種差別、同性愛への偏見といった社会批評が隠し味のように散りばめられつつ、重くならないようにコミカルに進む。また、社会風刺以外に黒人であるジャックの状況、父・母との関係など「家族」を描いている。見終わった時、ナゼか温かなキモチになった。
                  0
                    posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
                    セレンディピティ 恋人たちのニューヨーク
                    SERENDIPTY *セレンディピティ 恋人たちのニューヨーク*
                    2002年/米
                    監督 :ピーター・チェルソム
                    CAST:ジョン・キューザック、ケイト・ベッキンセイル、
                        ジェレミー・ビヴェン 

                    <STORY>
                    12月のニューヨーク。
                    クリスマスの買い物客で賑わうデパートで、偶然同じカシミアの手袋をつかんだジョナサンとサラ。ふたりはすぐに惹かれあうが、今の2人はそれぞれに恋人がいる。お互いに特別な何かを感じた2人は、これが運命かどうか確かめることに。しかし偶然は逆方向に働き、ジョナサンはサラの苗字も知らないまま別れてしまう。数年後、結婚を控えたジョナサンはふとサラのことを思い出す。そしてサラもまた、恋人のプロポーズを受けながらもジョナサンとの出会いを思い出していた
                    <感想> 評価 ★3
                    映画のタイトル「セレンディピティ」とは、「幸せな偶然」「偶然何かを発見する力」という意味があるらしい。
                    ちょっと可愛らしくて魔力のあるおまじないみたいで素敵だ♪
                    ニューヨークの街は秋〜冬の映画にはいつも素敵なロケーションを見せてくれる見せてくれる。
                    今回もニューヨークの街並みを見るだけでも気分がウキウキ♪する。
                    出会った時にお互いがピーンって何かを感じる出会い。それを手元に引き寄せるのってむずかしい。
                    自分の勇気も必要。勇気がなくて失ってしまった出会いを思い出したりしてぇ〜。
                    映画だからこそを楽しめるラブコメです
                    0
                      posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
                      戦場のピアニスト
                      THE PIANIST *戦場のピアニスト*
                      2003年/ポーランド・仏
                      監督 :ロマン・ポランスキー
                      CAST:エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッシュマン、
                          フランク・フィンレイ
                      2002年 カンヌ映画祭パムドール賞
                      2003年 アカデミー賞主演男優賞=エイドリアン・ブロディ

                      <STORY>
                      1940年、ナチス・ドイツがポーランドへ侵攻した翌年、ユダヤ系ポーランド人で、ピアニストとして活躍していたウワディク・シュピルマンは家族と共にゲットーへ移住する。ゲットー内のカフェでピアニストそしてわずかな生活費を稼ぐも42年にはシュピルマン一家を含む大勢のユダヤ人が収容所へ送られた。だが運命の悪戯か、ウワディク一人が収容所へ連れられる人々の列から外れ、収容所送りを逃れることができた。しかし彼にも、生きても捕まっても地獄の日々が始まる…。
                      <感想> 評価 ★3
                      ポランスキー監督は幼少期をポーランドのクラクフのゲットーで過ごし、母を収容所で亡くした経験を持つ。これまで彼は、辛すぎる過去に向き合う準備ができていないとし『シンドラーのリスト』の監督オファーを断っていたらしい。そんな彼が自らの原点に立ち帰り撮った渾身の一本。ナチスのホロコースト(ナチスによるユダヤ人の多量虐殺の意)中心の映画ではなく、ひとりのユダヤ系ポーランド人ピアニスト=シュピルマンの視点から作られている。プライドも愛情もかなぐり捨てて、「逃げる」「食べる」「生きる」それのみを優先し続けたシュピルマン。人間は食べないと本当に生きれないんだなと実感させられたと共に、誰かが彼を匿い、食事などの配達をしなければ彼は89歳までピアニストとして人生を全うはできなかっただろう。人の助けが人生には絶対必要なんだと実感し、人間の残酷さと優しさを感じた作品。
                      0
                        posted by nagi | 映画「さ行」ー(セ) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others