Chinemaの箱 nagi style

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    posted by スポンサードリンク | - | -
    スペル
    DRAG ME TO HELL *スペル*
    2009年/米
    監督:サム・ライミ
    CAST:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング
        ローナ・レイヴァー、ディリープ・ラオ

    <STORY>
    銀行のローンデスクで働くクリスティンは。昇進を意識していた彼女は、必死に懇願する老婆の不動産ローン延長の申請を拒絶した。するとその夜、仕事を終え駐車場に向かうクリスティンを老婆が婆の待ち伏せ。クリスティンに襲いかかり、不気味な呪文(スペル)を浴びせた。するとて翌日から、恐ろしい怪現象がクリスティンを襲いはじめる。なんと彼女はその老婆によって、悪夢が3日続き、最後には本当の地獄へと引きずり込まれるというあまりにも理不尽な呪いをかけられてしまったのだった。 

    <感想> 評価 ★3
    原題直訳は「地獄に引き込まれる」なのにナゼに邦題は「スペル」?と思っていたら、「スペル=呪文」と言う意味だったんですね〜。
    私には本作は監督ありきの作品です。「スパイダーマン」シリーズで一躍名が売れたサム・ライミ監督ですが、元々は「死霊のはらわた」シリーズでヒットを飛ばしたややB級のホラー映画監督です。本作品は、そのイメージを崩さないでオモシロ怖いホラーでした。

    20年弱前かな?「死霊のはらわた」を観た時、液体の色や雰囲気、贓物のリアリティ、老婆の皮膚感なんかが結構衝撃だった記憶があります。本作もその感じが満載で懐かしさを感じつつ、気持ち悪さと驚かされる恐怖となんだかシニカルで笑えてそこそこ楽しめました。
    クリスティンに襲いかかり呪いをかける老婆、ほんと気持ち悪いです。右目義眼、指が骨ばって長く、爪の色が黄土色に変色し今にも臭ってきそう。こう言う細かい演出ってホラー映画には大切。一気に老婆に怖さを感じさせてくれつつ、なんだか笑えるんですよね。
    私は、音で驚かしたり、突然襲われるシーンよりも、1番怖くて気持ち悪かったのが老婆が口から吐きだす黄緑色の液体をクリスティンの口に直接流し混むシーン(何度かある)
    もうそれがきもち悪〜くて吐き気がしました。・・・が、ナゼか笑えるんですよねー。
    クリスティンを演じたアリソン・ローマンの演じ方も良かったのだと思います。

    ホラーと言えば最後のオチ。途中でわかっちゃう人もいるかも知れませんが、ホラー作品なんだし、やっぱり終わりはこうだよねーって部分もハズさずでサム・ライミ監督バンザイです。
    ホラーが超苦手と言うひともそこそこ安心してを観ることができるB級の香りのする楽しめる作品でした。
     
    0
      posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(2)
      スラムドック$ミリオネア
      SLUMDOG $ MILLIONAIRE *スラムドック$ミリオネア* 
      2008年 英/米
      監督:ダニー・ボイル
      CAST:デブ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント
          アニル・カプール、イルファン・カーン
          
      <STORY>
      インド、ムンバイ。スラム街で育ち、学校へ行ったことのないジャマールはテレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演。正解を重ね、1000万ドルを獲得。翌日の2000万ドル挑戦権を手にした。しかし、番組終了後、不正を疑われて逮捕される。逮捕の理由はスラム街で育った少年が正解するはずがないと言うもの。ジャマールはナゼこの番組に出演するに至ったのか?そしてナゼ連続正解できたのか?警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。

      <感想> 評価 ★4.5
      2009年にアカデミー作品賞、ゴールデン・グローブ作品賞を受賞した話題の映画。
      なるほど。アカデミー賞で話題をさらっただけの価値のある見応えのある良作でした。

      私は<あらすじ>程度の知識で鑑賞しましたが、それが絶対良かったです。
      この作品の魅力は、ジャマールを尋問する刑事と同じ目線で、カレの生い立ちを順々に知り、感じていくことにこそ意味があるからです。
      映画が始まってすぐ、ムンバイの狭い路地をスラム街の子供達が駆け抜けるシーンがあります。スラム街は不衛生で猥雑。けれどその暮らしを包むのはエネルギッシュ以外の何ものでもない力です。裕福でなく、学校さえ行かせてもらえない最悪の生活環境の中にいても、笑顔弾ける子供たち。逞しくて輝かしい。この感じにたまらなく惹かれます。
      たまたま前日に見た邦画の「ALWAYS三丁目の夕日」。30年代の日本にあったような貧しくてもこれから向上していくのだと言う期待感や疾走感が溢れていましたが、「スラムドック$ミリオネア」にも同じような空気が溢れています。

      ベースのクイズ番組は、日本でも”みのもんた”司会で有名な「クイズ・ミリオネア」。
      本作はこの「クイズ・ミリオネア」と同じ設定です。映画の中でクイズ番組についてはほとんど説明されていませんが同じと思ってOK。
      しかし、子供の頃の回想シーンに出てくるインドは、想像を絶する劣悪な環境。思わず、放っておいていいの?と思わずにはいられないほど。リアルなインドを表現することで社会派作品の一面を見せつつも、スラム育ちの青年が、億万長者をまさに今、手にしようとするファンタジー性を加えることでエンタテーメント作品に仕上げています。そしてそこにラティカへの一途な純愛も入れ込む・・・。全部がキレイにバランス良くまとまっていて巧いなぁと唸ってしまいました。

      そんなこんなでウワサに違わぬ素晴らしい作品でした。

      そしてラストはインド映画を感じさせてくれるダンス付き!
      「そうそう!インド映画にはコレだよね!」。
      このあたり、インドへのオマージュってとこなんでしょうか?ハリウッド映画に馴れてる人は完全に引いてしまうであろうあのラストにこそインドを感じた私です。
       
      0
        posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
        スイート・ノベンバー
        SWEET NOBEMBER *スイート・ノベンバー*
        2001年/米
        監督 :バット・オコナー
        CAST:キアヌ・リーブス、シャーリーズ・セロン、
            ジェイソン・アイザック、グレッグ・ジャーマン 

        <STORY>
        広告会社で敏腕ぶりを見せ業績を上げることだけに生きている男ネルソン(キアヌ)。免許の更新に訪れた事務所でサラ(チャーリーズ・セロン)と出会う。ネルソンがサラに声をかけた事によってトラブルが起き、サラは免許更新を取り下げられる。翌日からサラはネルソンに「責任とってよ」と彼の家におしかける。しかし、突然サラは「一ヶ月だけ一緒に暮らしましょう」と言う言い出すのだ。
        「何をバカなこと言ってるんだ」と取り合わない彼に「あなたは不幸だわ。愛も知らない。あたしが教えてあげる、幸せにしてあげる」と。ネルソンは相手にしていなかったが、同時期に彼は仕事で失態を冒し、会社を首になってしまうのだ。そんな流れからサラの家でネルソンは11月を共に過ごすことになるのだが 。
        <感想> 評価 ★2.5
        キアヌ・リーブスの久々の恋愛もの。
        ((こんな設定でフツー始まるかぁ?)) ((それはないやろ?))っと言う出だして始まる突拍子もないロマンス映画で、切ない悲恋で終わるおきまりのパターンで終わる映画である。意表を突いてないし、しごく一般的な形。でも、恋愛映画は主演俳優が好みなら楽しめるもの♪おきまりの事件が起きて愛し合っているはずのふたりがすれ違いや、どうしようもない"運命"に翻弄され苦しむ。
        わかっていてもそれを見ているのは切ない。そして別れ・・・・ここまでわかってても切ないし涙がこぼれてしまった私。
        キアヌが映画の中で得意!?の歌を見せるシーンはキアヌファンを酔わせるためなのだろうか・・?狙ったようなシーンは全然心に響かないけど愛する人の心の中で永遠に美しいままの自分を思い出として置いて欲しいと言うサラの気持ちは女性として理解できた。
        0
          posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
          スウィーニー・トッド / フリート街の悪魔の理髪師
          SWEENEY TODD :THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
           * スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師*

          2007年/米
          監督 :ティム・バートン
          CAST:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、
              アラン・リックマン、ティモシー・スポール、
              サシャ・バロン・コーエン、ローラ・ミシェル・ケリー、
              エド・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー 

          <STORY>
          19世紀のイギリス。タービン判事の愛欲のために無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。ミセス・ラベットの協力を得て15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた男への復讐の時を待っていた。
          <感想> 評価 ★4
          本作品はブロードウェイの舞台ミュージカルを映画化した作品。だから完全なミュージカル映画です。
          ミュージカルだけは絶対ムリと言う方はジョニデだからって見ない方が無難かも。
          歌詞の8割は歌です、歌!とは言え、声量と美声を聞かせるのではなく、セリフのように気持ちを乗せて語るように歌われるので「オペラ座の怪人」とは違うタイプに仕上がっています。
          映像もT・バートンらしく色彩を退色させたモノトーン風。この色調が薄気味悪さをより増幅。青みがかったその映像の中に血の<赤>だけが鮮明に印象づけられます。その上、怨念に駆られた顔相のトッドとミセス・ラベットが独特の薄気味悪さ。奇妙な空気を作っていきます。
          単純なStoryだし、映画のはじめの方で背景が理解できるように説明されているのでその点は問題なし。
          ミュージカルとは言え、笑顔が全くないトッドが、シャキーンって感じで客の喉をかっ切る映像は何度出てきても、わかっていても直視できませんでした。噂通り、R15は納得の血しぶきがドビューンと飛び散る。
          スプラッターホラーと微妙に違うのは<血>が明らかにまがい物だとわかるリアル感がないことぐらい。この作り物の血とわかる設定が成功してるからミュージカルとして楽しめるんだと思う。
          怪優:ジョニデはどっぷりスウィーニー・トッドでした。彼はどの役をやっても過去の作品とはダブらない新鮮なジョニデを見せてくれます。素晴らしい俳優です。
          また、今回は全配役がピタッとくる設定、素晴らしい配役です。
          妻役のローラ・ミシェル・ケリーは英国で人気の歌手。ミュージカル舞台の経験も持つようです。

          見終わってから「なかなか良かったかも」と思う作品でした。
          私は、ミュージカル大好き。観劇大好きなんで、この作品を見ながらブロードウェイミュージカルの演出はどうだったんだろ?劇団四季がするとしたらどうなるんだろ?宮本亜門さんが市村正親さんをトッドにして舞台をするけど血の演出はどうするんだろ?とかそんなことばかり考えてました。
          0
            posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
            スウィング・ガールズ
            SWING GIRLS *スウィング・ガールズ*
            2003年/日本
            監督 :矢口 史靖
            CAST:上野樹里、平岡祐太。竹中直人、白石美帆、
                小日向文世、渡辺えり子、谷啓

            <STORY>
            野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を運んだ補習クラスの女子だったが、炎天下にだらだらと弁当を運んでいたためにお弁当は腐り、吹奏楽部は体調を崩してしまう。ひとりだけお弁当を食べなかった男子・中村は、即席吹奏楽部を作ろうと思いつく。責任をとらせようと補習クラスの女子を誘うが、吹奏楽をやるには人数が足りなかったため、ビッグバンドでジャズをやることに。でも女子たちは楽器などロクにやったことがなかった…。
            <感想> 評価 ★3.5
            爽やかで温かなキモチになる青春映画。くだらないシーンも高校時代を思い出して楽しめた。話の舞台が東北の高校なので言葉が東北弁と言うのがミソ。「〜だず」や「〜けろ」が彼女たちの言葉として発せられるたびに生き生きと聞こえる。家族で軽く楽しめる作品。
            0
              posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
              スクール・オブ・ロック
              SCHOOL OF ROCK *スクール・オブ・ロック*
              2003年/米
              監督 :リチャード・リンクレイター
              CAST:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、
                  マイク・ホワイト

              <STORY>
              ワイルドで破天荒な行動ぶりから、自分で結成したバンド「ノーヴァンカンシー」からクビにされてしまったロックギタリストのデューイは、居候している親友ネッドの家からも家賃未払いで追い出される寸前。そんな時、ネッドへの一本の電話を受けたデューイは、ネッドになりすまし、家賃返済のために小学校の代用教員の依頼を引き受ける。小5の担任になったデューイは担任のクラスに音楽の才能があることを見つける。彼は子供達にロックを教え込み、バンド・バトルで優勝させて、賞金を手に入れようと考える。
              <感想> 評価 ★4
              おもしろいし子供とも楽しめる作品だ。ジャック・ブラック最高!と言いたくなる。太ってて超自分勝手で、なりきりやのヘンなヤツのなに見ているうちにカッコよく見えてくるし魅力を感じる男なのだ。子供達の演技も自然だし、堅物校長役のキューザック・ホワイトもチャーミング。音楽も良いし娯楽映画としてはかなりイケル。
              0
                posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
                スケルトン・キー
                THE SKELETON KEY *スケルトン キー*
                2005年/米
                監督 :イアン・ソフトリー
                CAST:ケイト・ハドソン、ジーナ・ローランズ、
                    ジョン・ハート、ピーター・サースガード 

                <STORY>
                ルイジアナ州ニュー・オリンズ。看護師のキャロライン(ケイト・ハドソン)は、住み込みの看護の職を見つけ、片田舎の屋敷へ。広大な敷地を持ち、30部屋以上もあるその大きな屋敷には、老婦人のヴァイオレット(ジーナ・ローランズ)と脳梗塞で全く身動きができなくなってしまった夫のベン(ジョン・ハート)が2人きりで住んでいた。キャロラインはバイオレットから全ての部屋を開けられる合鍵をもらう。ある日、キャロラインは用事で入った2階の部屋の奥に屋根裏部屋を、その奥には合い鍵で開けることのできない小部屋を見つける。不信を抱くキャロラインだが、ヴァイオレットは取り合わない。その後から、キャロラインのまわりで次々と不思議なことが起こり始める。そんな中、ベンは「この家から逃げたい」とキャロラインに密かに助けを求める。ナゼだ?
                <感想> 評価 ★3
                怖いのを観たいが躊躇する・・・と言う時にお薦めのゴシック系ホラー映画。
                幽霊が突然出てきて脅したり、血が吹き出るなどはない。真実を知ってから(怖いっ)と言う「アザース」タイプ。
                主演のケイト・ハドソンは「10日間で男を上手にフル方法」で主演したゴールデン・ホーンの娘。とてもチャーミング。
                また屋敷の妻役は大女優:ジーナ・ローランズ(「きみの読む物語」「テイキング・ライブス」出演)。今回も迫力の演技を見せている。途中までありがちな話だな・・・と思っていたがラストは違う展開になり前半に散りばめられた謎が解決されていき納得して見終われた。この手の映画は納得できないと不満が残るのでその点では
                真夜中のサバナ」でもこの雰囲気を味わったがアメリカ南部の古い屋敷を舞台にした話にはブードゥ教などが出てくる。ニューオーリンズ、黒人、呪術・・独特の世界を味わえる。

                ネタバレ ↓
                0
                  Read more ...
                  posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
                  スコア
                  THE SCORE  *スコア*
                  2001年/米
                  監督 :フランク・オズ
                  CAST:ロバート・デ・ニーロ、マーロン・ブラント、
                      エドワード・ノートン、アンジェラ・バセット

                  <STORY>
                  世界中をまたにかけ、決して失敗を犯さないプロの金庫破りのニック。ニックはそろそろ泥棒から足を洗い、ダイアンと結婚しようと考えていた。そんな時、彼の盗難ブローカーであり、友人であるマックスが、モントリオールの税関金庫に保管された、フランス王家に伝わる秘宝を盗み出す話しを持ちかける。
                  マックスは若手のジャックをパートナーにと紹介するが、ニックは長年「パートナーを持たない」「住んでいる町では犯罪を行わない」とルールを決めていたのだ。しかしすべてに妥協するしかなくなる。ジャックと共謀することに決めたもののニックは、攻撃的で向こう見ずなジャックに不信感を抱く。微妙に揺れる3人のバランス。
                  <感想> 評価 ★3.5
                  新旧名優の競演。
                  エドワード・ノートンは演技がうまい。
                  ロバート・デ・ニーロが金庫やぶりをする訳だが、確実にスタントマン使ってるのがわかっちゃって残念だった。
                  0
                    posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
                    スカーレット・レター
                    朱紅文字  *スカーレット・レター*
                    2004年/韓国 R-15指定
                    監督 :ビョン・ヒョク
                    CAST:ハン・ソッキュ、イ・ウンジュ、ソン・ヒョナ、
                        オム・ジゥオン

                    <STORY>
                    刑事のギフン(ハン・ソッキュ)は、妊娠中の妻スヒョン(オム・ジウォン)を愛しながら、美しい愛人カヒ(イ・ウンジュ)との情事を楽しむ日々を送っている。 ある日、写真館の主人が頭を割られ殺害される事件が起こり、第一発見者の妻、ギョンヒ(ソン・ヒョンア)を取り調べたギフンは、彼女に言い知れない魅力を感じていく。 捜査が難航するなか、ギフンはカヒに妊娠を告げられた。 冷たい言葉を浴びせながらも、カヒから離れられないギフン。 やがて、完璧だったギフンの生活は均衡を失い始める…。
                    <感想> 評価 ★3
                    イ・ウンジュの遺作となった作品。
                    人生の成功を約束された傲慢なエリート刑事。妻を愛しているが同時にカヒとの情事に溺れる身勝手な男をハン・ソッキュが存在感十分に見せている。そのハン・ソッキュに負けることなくイ・ウンジュも過去作品(「ブラザーフッド」)のような透明感漂う美人と言うだけでなく、どうしようもない関係・どうしようもない男に本能で惹かれる情熱的な女性を好演している。この作品を見て本当にイ・ウンジュの死を残念に思った。この作品が死の原因などと言われているが真意はわからない。でも、「スカーレット・レター」で見せたカヒはイ・ウンジュの代表作の1つと言えるだろう。彼女の渾身の演技が見れる。

                    ↓ 以後、ネタバレ ↓

                    0
                      Read more ...
                      posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
                      ステイ
                      STAY  * ステイ *
                      2006年/米
                      監督 :マーク・フォースター
                      CAST:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、
                          ライアン・ゴズリング

                      <STORY>
                      精神科医のサム・フォスターは、若い男性患者ヘンリー・レサムを担当。ヘンリーは3日後に自殺すると予告する。サムには元患者で自殺未遂を起こしたライラというガールフレンドがいる。サムは彼女へ結婚指輪をずっと渡せないままであった。ヘンリーはその指輪に異常な興味を示し、ライラもまた、自殺願望のあるヘンリーに深い関心を持っていた。ある日、ヘンリーが姿を消し、サムは必死にヘンリーを探す。
                      <感想> 評価 ★3
                      そのリアルを疑え。現実が消えていく世界で、僕らはどんな愛を知るのか?
                      時系列をいじる手法。過去と未来だけでなく、それが夢なのか現実なのかさえわからないまま進んでいく。
                      きっと、むずかしく考えず、単純に不可解な現象や映像・言動を受け入れて映像に浸って見るのが1番だと思う。
                      その中にはあちこちに散りばめられた様々なパーツや、兆候を見逃さないこと。ラストでその拾ってきたパーツが繋がると・・この映画を楽しめるかと思う。
                      しかし、それでも疑問は残るしサムの存在、サムの恋人の存在って何だったの?っと頭が(????)がいっぱいつくが、イヤな気持ちだけで終わる作品ではない。ユアンが主人公と言うより、ライアン・ゴズリングの熱演が印象的だった。

                      以後、ネタバレ ↓ ↓
                      0
                        Read more ...
                        posted by nagi | 映画「さ行」ー(ス) | comments(0)
                        Infomation
                        映画レビューサイト

                        独断と偏見で
                        映画の紹介と感想を記してます
                        トラバ・リンク歓迎

                        <検索の注意点>
                        「ヴ」→「う」検索
                        「The]→「ザ」検索
                        Entries
                        CATEGORIES
                        Comments
                        Bookmarks
                        Recommend
                        映画リンク
                        counter
                        ブログパーツUL5
                        Recommendation
                        Others